« セリーグ ヤクルト対横浜(8/29) | トップページ | J1リーグ第21節鹿島対名古屋 »

J1リーグ第20節名古屋対G大阪

2006.8.27(日) 19時 瑞穂陸上競技場 曇 
観客 17556人 主審 柏原丈二 副審 高橋佳久、中込均

 名古屋グランパスエイト 3(3−1)3 ガンバ大阪 
              (0-2)

 得点 13分 名古屋・藤田(PK)
    26分 名古屋・中村
    32分 大阪・播戸
    34分 名古屋・本田(FK直接)
    58分 大阪・遠藤(PK)
    88分 大阪・中山

 名古屋 楢崎(GK)、スピラール、大森、古賀、藤田(71分渡邊)、
    中村、本田、山口、津田(64分増川)
    杉本(88分橋本)、ヨンセン
 大阪 藤ケ谷(GK)、シジクレイ、山口(3分青木、45分フェルナンジーニョ)、
    宮本、遠藤、二川、前田(75分中山)、明神、加地、
    マグノ・アウベス、播戸

 警告 名古屋 古賀
    大阪 青木、明神

[9/7追記]10日以上経って、ようやくJSPORTSの録画中継の録画を見たので、感想を追記。時間が経ち過ぎていて、かえってフレッシュに見れたような気はしないでもない。

開始早々のガンバ山口の故障が、本当に大きく影響していた。それでガンバの左サイドのディフェンスが落ち着いていない所へ、杉本が走り回って攪乱して、混乱をさらに拡大させて行った。山口の代役の青木がカモになっていて、先制点のPKは、トシヤがその青木のファールを誘ったもの。もっとも、ヨンセンのポストプレーとトシヤの走り込み自体、見事だった。PKまで持って行ったのは、トシヤの技かな、とは思うけれども(^^;。2点目にしても、直志のハーフウェイ付近からのパスカットからの、ドリブル・シュートは圧巻だったが、なんで途中であれを止められないかな、という感はないでもなく、そこはやっぱり青木(と宮本)のディフェンス。杉本も、綺麗に抜け出して青木と宮本を振り切った場面があったが、最後はシジクレイに阻止された。ヨンセンへの対処といい、シジクレイだけは鉄壁だった。

この後、二川のクロスから播戸のシュートで鮮やかなゴールを決められたが(播戸はここんとこ、本当に切れてるねえ)、本田の素晴らしい直接FKで突き放して前半終了、3−1。この得点を見て、もうちょっと名古屋が押した展開を考えていたが、そうでもなかった。名古屋が効率的に得点を積み上げて行ったな、という印象。ガンバは、山口のアクシデントの影響はあるにせよ、連携が悪過ぎたように思える。確かに、この試合の2節前の大宮戦を、駒場で見ていたけれども、その時も、大宮の出来の酷さで見えにくくなってはいたけど、ぱっとしねえ出来だなあと、思ってはいたんだ。あと、マグノ・アウベスがゴール決められない病にかかっていて、しかもかなり重症だったのも大宮戦同様。フィニッシュをミスりまくっていた。その結果の3−1だったな、と思う。

しかし後半になると、フェルナンジーニョの投入が効いたのかどうなのか、ガンバの連携が格段に向上して来た。名古屋が、津田の負傷や運動量の低下で、攻撃的な試合運びを維持出来なくなり始めた影響もあったんだろう。そうなったら、名古屋は完全に劣勢。PKでの失点は前半の名古屋のPKもあるから、まあしょうがないとして、その後の数々の危険な場面をなんとか凌ぎ続けたのに、終了目前に、よりによって名古屋であれだけ不発野郎だった中山なんかに、同点ゴールを決められちゃうとはねえ。引分けという結果は、展開的に仕方ないかな、とは思うんだが、中山にやられたというのが、非常に悔しい結末だったな。

それにしても、柏原さんのレフェリングが妙に的確に見えてしまった(^^;。直前に鹿島戦のPKの場面とかをチェックして、むかついてたからなんだけど。家本が主審で居ることは、審判への信頼度を下げるという意味で、他の主審にとっても良くないことでは、ということを書いたんだが、家本よりはマシだよな、と思わせる意味では、他の主審にとっては有難い存在、という可能性もあるのかな。まさかね。

|

« セリーグ ヤクルト対横浜(8/29) | トップページ | J1リーグ第21節鹿島対名古屋 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/11710290

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第20節名古屋対G大阪:

« セリーグ ヤクルト対横浜(8/29) | トップページ | J1リーグ第21節鹿島対名古屋 »