« イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/9) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/10) »

J1リーグ第22節広島対名古屋

2006.9.9(土) 18時 ビッグアーチ
観客 人 主審 村上伸次 副審 

 サンフレッチェ広島 0(0−0)0 名古屋グランパスエイト
            (0−0)

このカードにしては珍しく、JSPORTSが速攻で録画を流してくれたので、(日曜にしては)早起きして、8時からの中継を見ちゃった。

ヨンセン(代表戦から戻って間がない)と正友(故障明け)が出れるのかどうなのか、というのが懸念材料だったはずだけど、実際に試合が始まってみると、一番働いてるのが彼らだったように見えた。さすがに正友は途中で退いたが、100%じゃないってのが信じられないほど、よく動いていたし、プレーも適切だった。ヨンセンに至っては、フルタイム出場。もっともノーゴールだったけど。決定的なチャンスに合わせ切れなかったのが2回くらいあったが、タイミング自体が厳しかったからな。それに、状況によっては、自陣ゴール前でクロスをクリアしてるような状況では、シュートチャンス自体、そうそうは巡って来ないよ。おそろしく真面目なプレーヤーだなと思うけれど、そもそもヨンセンに、そんなことやらせてちゃ、いかんのじゃないだろうか。

俊哉の構成力、杉本のスピードは、度々見せ場を作っていたし、この二人もよくやっていたと思うけど、直志と本田が精彩を欠いた印象。直志は代表疲れ? 試合も出てなかったのに、と言いたいとこではあるが、スケジュールも環境も厳しかったから、仕方ないのかな。本田はスピードの無さを突かれてしまっているみたいだった。
それで攻撃の駒不足になって、攻め切れず、スコアレスに終ってしまったかという感じ。でも、リーグ戦で点が取れなかったのって、4月の川崎戦以来なんすね。どん底みたいに見えてた時期も、案外、得点だけは挙げていたんだな。

ディフェンスは佐藤寿人に危ない場面を何度か作られつつも、なんとか凌ぎ切ったのは、悪くはなかったかな、とは思う。
それにしても、序盤、増川のディフェンスが危なっかしくて、どうなることかと思った。次第に落ち着いたみたいだったけど、増川の守備は、段々下手になってるような気がする…。

名古屋の方がやや優勢だったような気はするが、全体的にはおおむね互角の試合。似たような順位にいるチームの対戦として、妥当な内容だったようには思える。勝ちたかったんだけどなあ。

|

« イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/9) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/10) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/11831890

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第22節広島対名古屋:

« イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/9) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/10) »