« イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/10) | トップページ | 家本、再研修処分 »

J1リーグ第22節大宮対浦和

2006.9.10(日) 19時 埼玉スタジアム2002 
観客 35059人 主審 吉田寿光 副審  

 大宮アルディージャ 0(0-1)2 浦和レッドダイヤモンズ   
            (0-1)

 得点 44分 浦和・ワシントン
    89分 浦和・永井

 大宮 荒谷(GK)、トニーニョ、冨田、平岡、西村卓、
    ディビッドソン、片岡、久永(75分橋本)、小林慶、
    森田(59分桜井)、吉原(71分アリソン)
 浦和 山岸(GK)、坪井、闘莉王、堀之内、
    三都主(71分相馬)、酒井、平川、長谷部、
    山田(62分ポンテ)、永井、ワシントン(81分内舘)

 警告 大宮 久永、トニーニョ、橋本
    浦和 永井

見に行ってた。

前半の大宮は押されっ放し。浦和のフィニッシュの精度が悪くて、失点こそ、なかなかしなかったけど、中盤から前がまるで機能しない。例によっての三浦の絵に描いた餅采配で、前半はうやむやでスコアレスで乗り切り、後半勝負だったのかな、と思ったが、それにしても出来が悪かった。まあ前節福岡戦だって、大した出来じゃなかったんだけどね。大悟が不在でセットプレーも期待薄。カウンターを仕掛けようにも、コータに勢いが感じられない。久永も早い時間に警告を食らい、以降大技を封じられてしまった。で、前半44分に荒谷が弾いたシュートをワシントンに押し込まれた。

後半はビハインドをしょったせいか、少しマシになった。代表帰りの選手が多い浦和が、いくらかペースダウンした面もあったのかも知れない。特に技を封印して(^^;スピードとテクニックで勝負する久永は、右サイドから西村や片岡との連携で、何度か好機を作った。でも得点には至らない。で後半半ばに浦和戦(のみ?(^^;)に情熱を傾ける桜井が投入されたんだけど、交替したFWは森田。チョロチョロFWだけ2人残して、どうする気だったんだろう。しかもコータの出来は悪かったのに。で、結局桜井は不発。故障上がりの影響があったのかどうなのか。続いて投入された謎の外国人FWアリソンも不発。彼は何者?(^^;。それでも久永が退いた後、ハヤトが頑張ってチャンスを作ったりしてたが、引きこもって守りを固める浦和を攻め切れないまま、逆にロスタイムに永井に追加点を決められ、おしまい。

大宮は、故障者が多くて、戦力ダウンしていたのは確かだったが、浦和も代表戦の影響で明らかに攻撃は迫力不足だったし、もうちょっとなんとかならんかったかのかなあ。前半戦の浦和ホームでの試合と、全く同じような失点経過での敗戦。しまらない試合だった。

  20060910saista

  20060910omy

  20060910urw

|

« イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/10) | トップページ | 家本、再研修処分 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/11848575

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第22節大宮対浦和:

« イースタンリーグ ヤクルト対インボイス(9/10) | トップページ | 家本、再研修処分 »