« イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(9/28) | トップページ | J1リーグ第24節広島対大宮 »

J1リーグ第23節甲府対大宮

2節遅れは避けようと、あわててJSPORTS録画を見た。

前半の大宮は全くいい所がない。中盤でつなげず、甲府に奪われて、素早く分厚いカウンターにつなげられ、ゴール前を脅かされることしばしば。失点しなかったのは、甲府のフィニッシュの精度と幸運だけ、という感じ。ただ、J2時代からこのカードを見ているけど、こういう試合展開って、結構よくあった気がする。で、だいたい、甲府がゴールを決められないまま、疲れて来た所で、おもむろに大宮が主導権を握って、ゴールを決めて勝ってしまうというパターン。前半をうやむやのうちにスコアレスで逃げ切ってしまえば、そういう展開もあったのかも知れないという気はする。しかし、前半終盤に、GKの江角(試合後の三浦のインタビューを見ると、荒谷は前節の浦和戦で先制点を与えたミスが効いたみたいだ)が、DFとGKの間に放り込まれたボールに対して、クリアしに大きく飛び出して来たのにクリアし損なうチョンボ。バレーが拾って、ゴールへ叩き込み甲府がついに先制。もっとも、結構難しい角度のシュートだったとは思うが。バレーはやっぱり、うまくなっているんだな。

この失点で、大宮ペースを作り出すことに失敗した以上、後半は攻めに出るしかなく、ボランチを2枚とっかえて攻めに出て、攻撃的な流れをある程度作りかけたのだけど、その矢先に、トニーニョが緩いボールキープからバレーにボールを奪われ、ゴールへ一直線で決められる失態。結局、攻撃的に、という所に意識が向き過ぎて、注意力が散漫になっていたんじゃないかな。後半半ばに、森田を投入して攻めのパターンを変えようとした直後には、ゴール前へ攻撃的な選手が殺到して来る、甲府の狙い通りの分厚いカウンターの前にあえなく失点。全てが後手に廻っていた。

残り15分を切ってからは、甲府が大量リードで気が緩んだらしく、CKからトニーニョでまず1点。終了寸前には、ようやく中盤の展開からFWに通る形を作って2点目を挙げることが出来たけど、三浦の言葉通り、目が覚めるのが、あまりにも遅過ぎた感じ。もっとも、甲府が緩んでくれるまでは、何も出来なかった、という言い方の方が正しいのかもしれないけどね。甲府が最後までディフェンスに意識を集中させていたら、大宮は得点出来なかっただろう。まあ、その辺が、昔ながらの甲府ということで、最後には大宮が勝つという展開が多かった理由でもあるんだろう。ただ、今回は大宮がそこまでに背負ったビハインドが重過ぎた。

まあ、出場停止で久永を欠き、体調の問題で大悟を後半からしか投入出来ない状況では、大宮の中盤が機能しないのも、試合運びが拙いのも無理はなく、それに対応した戦い方というのを、もう少し考えておくべきだったでは、という気はしないでもない。橋本・慶行では、試合は作れなかったということなんだろうな。

前節の広島戦は、今節の前に見ているヒマはなさそうだ(^^;。

|

« イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(9/28) | トップページ | J1リーグ第24節広島対大宮 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12095270

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第23節甲府対大宮:

« イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(9/28) | トップページ | J1リーグ第24節広島対大宮 »