« セリーグ ヤクルト対広島(9/15) | トップページ | ファンクラブ記念品 »

J1リーグ第23節名古屋対新潟

2006.9.16(土) 19時 瑞穂陸上競技場 
観客 人 主審 岡田正義 副審  

 名古屋グランパスエイト 3(2-1)1 アルビレックス新潟   
              (1-0)

 得点 名古屋・本田
    名古屋・ヨンセン
    新潟・Own Goal(ヨンセン)
    名古屋・津田

見に行ってた。
新潟は、どうも相性の良くない相手だけど、今の双方の状態なら何とかなるんでは、と期待してた。新潟でブザマに負けた時とは、こっちのチーム状態が全然違うからね。

で、立上がりから名古屋ががんがん攻める展開。以前は、攻めるには攻めてても、ペナルティの回りで自信なさげにボールを回してるだけだったが、今の名古屋には、明確にゴールを狙ってるヨンセンというFWが居る。彼に引っ張られるように、杉本も本田も積極的にゴールを狙って行った。
その結果として前半16分に本田の先制ゴール。分厚いゴール前の攻めから、こぼれ球を押し込んだ。さらに23分には杉本のクロスをヨンセン。怒濤のゴールラッシュも期待出来るかとも思ったが…。
その後、決定機で決め切れない状態に突入して、なかなか追加点が取れない。さらに、つまらないパスミスからボールを失い、自分からリズムを崩す場面が増えた。しかも、新潟の効率的なカウンターにディフェンスがばたついて、やたらとファールを犯してはセットプレーをくれてやる。35分、新潟のFKからオウンゴールは必然的な流れ。相性の悪さが脳裏をよぎる。そのまま前半終了。

しかし後半も守りに入らず攻めるサッカーを貫いた。ミスが続いた渡邊の代わりにはFWの津田を投入。実際、今日の新潟は、それくらいカサに掛かって攻め立てて当然のチームだったけどね。ブラジル人のカウンターだけは怖かったが、スピラールがよく対処したし、渡邊の後を本田が埋めたのも、守備的には安定した。
で、後半29分には、分厚い攻撃からこぼれ球を津田。ついに追加点。以降、新潟は戦意を喪失した感じ。GK一人が頑張って、ゴールを死守しなければ、前節磐田戦の7失点の再現もあるかという勢いで名古屋が攻め立てた。
相性が、というのが念頭になければ、もっと早くから気楽に見れたのかも知れんけど、最終的には完勝という雰囲気で試合終了。

今のいい時間帯の名古屋のサッカーは、確実に面白くなってきてると思う。久々に(^^;。
あとはバタバタな時間帯をどれだけ減らして行けるか、ヨンセン、正友、スピラールといった、キープレーヤーが抜けた時に、どこまでレベルを維持出来るか、なのかなあ。あと、強い相手に、これがどこまで出来るか、ってのもあるか(^^;

ちなみに、瑞穂のあんかけスパゲッティー食ってみたが、味は…(^^;。
  20060916spa


  20060916mzh

  20060916mzh2

  20060916pas

|

« セリーグ ヤクルト対広島(9/15) | トップページ | ファンクラブ記念品 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/11924832

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第23節名古屋対新潟:

« セリーグ ヤクルト対広島(9/15) | トップページ | ファンクラブ記念品 »