« セリーグ 横浜対ヤクルト(10/1) | トップページ | 天皇杯3回戦草津対岐阜 »

J1リーグ第26節名古屋対東京

2006.10.7(土) 14時 瑞穂陸上競技場 晴
観客 人 主審 吉田寿光 副審  

 名古屋グランパスエイト 1(0-1)2 FC東京    
              (1-1)

 得点 東京・平山
    名古屋・杉本
    東京・石川

珍しくJSPORTSが生で中継やってくれたから、国立のユースを捨てて、見ていたんだけど。

強風の影響があったのかもしれん。前半の前半、相当押していたけど、フィニッシュの所でためらいが見えたのはそのせいかも。実際、フィニッシュに行っても、精度が悪くて失敗してたし。まあ、あれだけベタに守られればってのもあるが、ベタに守らせちゃってるのは、仕掛けが遅いからでもある。崩し切れなくて、ペナルティエリアの周りで球を廻してばかりいる光景は、ちょっと、ヨンセンが来る前の名古屋のを思わせる所があったかも。

20分頃、直志のゴールがオフサイドで取り消された直後、左サイドをえぐられて、紆余曲折の末、平山なんかに先制点を決められちゃった。相変わらず名古屋は、イロモノに点をくれてやるのが好きだよな。あと、この失点は、大宮戦で食らった先制点と同じ形だね。左サイドのディフェンス、ああいう形で攻められた時にどうするかってのが、確立出来てない。それでも本田が好調な頃は、彼の技量でなんとか出来ていたのかも知れないけど、今の彼はどうもいまひとつ。中継では解説者が本田について、攻守ともにポジショニングが中途半端、みたいなと言っていたが、確かにそんな気はするし、そこで左サイドの後方に穴が出来てしまっているようにも思える。ただ、その後、東京ペースになっちゃった状態でも、前半0-1でなんとか折り返せたのは良かった。後半に何とかつながった。

後半、ボロボロに崩れかけていた状態を、ある程度立て直して、何とかペースを取り返した感じ。それでも、東京が固めたディフェンスをなかなか崩せなかったけれども、半ばに杉本がついに同点ゴール。ヨンセンの当り損ないのシュートを、途中でかっさらって、ゴールを決めちゃった。彼のスピードが生きた。あと、やっぱ、ヨンセンにシュートを打ってくという姿勢があるから、ああいう場面も生まれるんだろうな。

これで勢いに乗らないといかんところだったが、乗り切れなかったのは、本田や直志がイマイチだったこと、トップ下に須藤の奇策が失敗したこと。まあ、いろいろ。本田と直志に関しては、大宮戦で見てるから、あの状態はそれほど意外でもないし、慶がいないのもしょうがないんだけど。やっぱり、須藤の起用が失敗だったということかなあ、という気はする。
決勝点は大森のクリアミスが起点だが、その前の時点で、左からのクロスで、かなり決定的に崩されかけていたんだから、彼だけの責任じゃあないだろう。考えてみると、これも左サイドから崩されているし、最初の失点と根は同じかもしれん。

前節、えらく不安定に見えたスピラールが、今日はそんなに悪くはなかったから、そこは良かったけど、楢崎はやっぱり不安を感じる。本人も、最初の失点については悔いが残ってるらしい。なかなか調子が戻らないようだけど、大丈夫かな。

|

« セリーグ 横浜対ヤクルト(10/1) | トップページ | 天皇杯3回戦草津対岐阜 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12190616

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第26節名古屋対東京:

« セリーグ 横浜対ヤクルト(10/1) | トップページ | 天皇杯3回戦草津対岐阜 »