« J1リーグ第28節甲府対名古屋 | トップページ | J1リーグ第28節千葉対大宮 »

J1リーグ第27節磐田対大宮

2006.10.14(土) 15時 ヤマハ 
観客 11490人 主審 穴沢努 副審  

 ジュビロ磐田 2(1-1)1 大宮アルディージャ    
         (1-0)

 得点 10分 磐田・太田
    16分 大宮・藤本(PK)
    49分 磐田・前田

ジェフ戦を見た直後に、JSPORTSの録画中継を録画しといたのを見た。

ジェフ戦の後だけに、ひときわ精彩の無さが目立ったというか、ひどい内容の試合だった。大宮は何も出来てなかった。特に、アリソンの活躍を見た後だったからもあるんだろうけど、吉原に存在感が無いこと。やっぱりFWだな、という印象が、いよいよ強まった。
それでも序盤は五分に近い感じがしたんだけど、大宮のセットプレーで、選手が磐田のゴール前に上がっていた所で、クリアボールをそのまま攻撃につなげられ、太田のカウンター一気で失点してしまう。そういう思い切りのいい攻撃が、大宮には出来ない。例によって久永の、タイミングのいい抜け出しとトリッキーな動きくらいしか、チャンスの匂いがせず、15分過ぎに、まさにその形で久永がペナルティエリアで倒されPK獲得。主税が決めて、とりあえず追い付いたけど、流れは大宮に来ない。
後半に入ると、圧倒的に磐田のペース。1-2で済んだのが不思議なくらい、決定的なシュートを浴びまくった。荒谷が頑張ったのと、磐田がシュートの正確性を欠いたおかげで、スコア的には僅差の敗戦だけど(磐田の勝ち越しゴールも、ファブリシオの直接FKがバーに当ったこぼれ球を押し込まれたかなんかだったはず)、内容的には完敗。強い相手に対して、ボランチにマーカスが入ってるようじゃ、てのもあるけど、やっぱ、攻撃にもう少しアグレッシブさがないと厳しい。それを痛感しての、アリソンの起用だったんだとすれば、狙いは当ったわけで、この敗戦を無駄にしなかった、とは言えるのかな。

それにしても、今年は前半戦に、ナビ杯とかで磐田戦を見ているが、ここまで双方の力の差は感じなかったと思う。故障や出場停止による、出場選手の違いもあるだろうが、アジウソンがいい監督だということなのかな。もっとも、磐田のここまでの歴史を考えるなら、前監督がよっぽど無能だったと考える方が、妥当なような気もするけどさ。まあ、磐田も安定した強さを発揮するところまでは、まだ来てはいないようだけど。

|

« J1リーグ第28節甲府対名古屋 | トップページ | J1リーグ第28節千葉対大宮 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12372507

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第27節磐田対大宮:

« J1リーグ第28節甲府対名古屋 | トップページ | J1リーグ第28節千葉対大宮 »