« セリーグ ヤクルト対阪神(10/16) | トップページ | J1リーグ第28節甲府対名古屋 »

J1リーグ第27節名古屋対清水

2006.10.14(土) 14時 瑞穂陸上競技場 晴
観客 人 主審 松村 副審  

 名古屋グランパスエイト 1(0-0)1 清水エスパルス    
              (1-1)

 得点 名古屋・ヨンセン
    清水・チョ・ジェジン

見に行っていた。

好調清水には歯が立たねえかもなあと思っていたが、実際には清水の中盤から前が、思いの他、迫力がなくて、名古屋のユルい守備でも何とかなってた。散発的に人数を掛けた攻撃を仕掛けて来ることはあって、速いパス回しで結構脅威ではあったけど、決定力が…。

もっとも決定力に関しては名古屋も似たようなもんで、かなり厚みのある攻撃を仕掛けてはいたが…。復帰した山口慶の存在感が素晴らしくて、ヨンセン・杉本・直志といったところをよく結び付けていたんだけど、奮闘がなかなかゴールにつながらなかった。そういえば本田は影が薄かったな。
で、スコアレスで折り返し。

しかし、後半立上がり、杉本が左からクロスを上げ、ヨンセンが技有りのヘディングシュートでとうとう先制。これで清水の勢いも消えたし、行けるかもと思ったんだけど。
後半半ば、中盤での競り合いで正友が倒れ、ファールと思った、のかなんなのか、名古屋の注意が明らかに散漫になった所を一気に攻められる。それでもフィニッシュが緩かったから助かったと思ったら、楢崎が取れずに弾いちゃう。押し込まれて同点。
その後、俊哉のゴールがあったがオフサイドで取り消されたり、清水も結局決定力を回復出来なかったりで、双方追加点なくドロー。

歯が立たないかも、と思ってたことを考えれば上等な結果かも知れんが、内容的には明らかにかなり押していたからねえ。もったいないという印象の方が強い。
それにしても、すっかりお笑いGKになってしまったなあ>楢崎(;_;)

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(10/16) | トップページ | J1リーグ第28節甲府対名古屋 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12324557

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第27節名古屋対清水:

« セリーグ ヤクルト対阪神(10/16) | トップページ | J1リーグ第28節甲府対名古屋 »