« なでしこリーグ1部プレーオフ日テレ対湯郷 | トップページ | なでしこリーグ1部プレーオフ浦和対湯郷 »

J1リーグ第29節大宮対東京

2006.10.28(土) 14時 駒場 
観客 人 主審 吉田寿光 副審  

 大宮アルディージャ 0(0-1)1 FC東京    
            (0-0)

 得点 1分 東京・今野

見に行ってた。大宮のホームゲームとしては、今年最後の駒場。

開始直後、FKからいきなり失点。アリソンが痛んだりして、間合いがあったもんで、集中が完全に切れていた感じ。FK自体は、それほど大したもんじゃなかったが、ドフリーで今野が合わせたボールに誰も反応出来なかった。
その後しばらく、失点を引きずった感じで、大宮の出来はかなり酷かったが、東京も相当なもんで、そのうち大宮がペースを取り戻すと、以降は大宮が主導権を握って試合を進め始めた。序盤、全く使えてなかったアリソンに、次第にボールが届き始め、チャンスがポツポツ生まれた。けど、基本的に攻めが遅いので(それは持ち味だから、しょうがないんだけど)、ジェフと違って、守備意識の強い東京を最後の一線で崩し切れない。まあ東京も、意識は強いが、やたらとミスが多くて、人数掛けて、辛うじて守ってる雰囲気ではあったけどね。あと、途中まではスピードで大宮を上回っていたから、ルーズボールをよく拾えていたけど、後半に入ったあたりからスピードが落ちたことで、いよいよ大宮ペースの試合になった。でも、大宮はゴールに届かない。肝心な所でリスクの高いトリッキーなプレーを選択して、あっさりクリアされてしまい、チャンスを潰すことが目立った感じ。もっとシンプルに押し込めば、ここまでゴールが遠いことはなかったんじゃないのかな。
残り15分てとこで、森田を投入して、ターゲットを作ったことで、前線へ放り込むシンプルな攻撃がようやく出来始めたが、時既に遅く。結局、開始1分の得点を東京に守り切られて敗戦。

内容的には、大して褒められたもんではないにせよ、大宮の方が上だったし、フィニッシュの所で運がなかった所もあったと思う。日頃の大宮の試合に較べて、特に悪い試合運びでもなかった。あまりにもつまらない最初の失点さえなければねえ。悪くてもスコアレスドローで乗り切れたはずの試合だった。
アリソンは悪い出来じゃなかった。主税もかなり切れていた。今日、足を引っ張っていたのは大悟という印象。結局、小細工をし過ぎるんだよなあ。うまく行ってる時はいいんだけど、空回りし始めると、修正が利かない。そこをうまく見切れないかなあ>三浦。

  20061028cher

  20061028away

  20061028kick

|

« なでしこリーグ1部プレーオフ日テレ対湯郷 | トップページ | なでしこリーグ1部プレーオフ浦和対湯郷 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12465056

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第29節大宮対東京:

« なでしこリーグ1部プレーオフ日テレ対湯郷 | トップページ | なでしこリーグ1部プレーオフ浦和対湯郷 »