« なでしこリーグ1部プレーオフ日テレ対浦和 | トップページ | 天皇杯4回戦東京対バンディオンセ神戸 »

J1リーグ第29節名古屋対千葉

2006.10.28(土) 14時 豊田スタジアム 
観客 人 主審 松尾一 副審  

 名古屋グランパスエイト 2(0-1)1 ジェフユナイテッド市原・千葉    
              (2-0)

 得点 千葉・羽生
    名古屋・玉田(PK)
    名古屋・杉本

JSPORTSの録画をようやく見た。

ジェフは、前節の大宮戦の大敗を中継で見ていて、かなり酷い出来だったけど、これでカツが入ると復活しそうにも見えたから、かえって嫌だなと思っていた。案の定、この試合の序盤は、スピードのある展開で、名古屋は何もさせてもらえない。巻に当りが来てないっぽいのは前節同様で、それでかなり助かった面はあったと思うが、前節居なかった羽生が居た…。ロングボールにうまく抜け出されて押し込まれ、先制された。

ただ、ジェフは先制した後、微妙にペースダウンしたように見えた。かさにかかって、2点目を取られていたら、相当厳しいことになっていたと思んだけどね。おかげで、名古屋がある程度、球が持てるようになって、形も作れるようになって来てたと思う。そうは言っても、後半開始早々のストヤノフの退場がなかったら、追い付くことが出来たかどうか。ちょっと、あの退場(慶を倒して貰った2枚目の警告)は厳しいかな、とも思ったんだけども。
ストヤノフを失って、ジェフの守備に乱れが生じる中、玉田がドリブルでペナルティエリアに侵入し、倒されてPK。これを玉田自身が決めて同点。だが、このPKの判定も、中継の録画を見る限りでは、かなり酷なもののように思える。玉田が今年序盤、取って貰えなくて、主審にアピールしまくってたタイプのファール(?)のような気がしたんだがな。
まあ、名古屋がラッキーだったということなんだろう。たまには幸運もないとね。

相手が一人少なくて同点というと、名古屋はかえって攻めあぐみそうな気はするし、実際、そういう気配もないではなかったけど、前半、見所のなかった本田が、ヨンセンからのパスを受けて、杉本に絶妙のパスを通し、これがまた、杉本が素晴らしいゴールを決めて勝ち越し。そのまま逃げ切った。
ヨンセンが決定機で失敗してなければ、もう少し、楽な試合になった可能性もあったと思うけど、逆転ゴールを演出してくれたのも確かなんで、いいかな、と。

結果的にはやっぱり、ストヤノフの退場とPKが効いた試合だったな。アマル・オシムは、試合後の記者会見で、ジェフの方がいいチームだし、この日はいいサッカーをしていて、選手を責める点は何もない、という趣旨のことを言っていて、非常に悔しさがにじむコメントだなと思ったんだけど、いかにももっともだし、この試合展開では無理もないかな。ただ、2点目を力づくでも取りに来なかったこととか、シュートの精度とか、ジェフにも問題がなかったわけではないと思うけどね。そこに、名古屋が付け込む隙があった、という感じ。圧倒的に押されていて、先制されても、かんたんには諦めない強さが、今の名古屋の良さだよな。そんなメンタリティが名古屋に宿ったのは、いつ以来だろう。それは多分、ヨンセンの存在による所が大きくて、それだけでもヨンセンは存在意義があると思う。

目下、注目中の(^^;増川は、悪くない出来だったと思う。ディフェンスに関して、間合いの取り方がちょっと、と思う場面は、やっぱりあるし、あっさり抜かれてしまうこともあったけど、決定的な状況で身体を張って守った場面があったし、攻撃にもよく絡んで惜しいミドルも打っていた。元々、古賀だって、それほど完璧なディフェンダーじゃないし、これくらいの出来ならいいんじゃないかな。しばらく、頑張ってくれよ>増川。いや、しばらくと言わず、ポジションを奪う勢いでやってくれても、全然問題はないけどさ(^^;。

|

« なでしこリーグ1部プレーオフ日テレ対浦和 | トップページ | 天皇杯4回戦東京対バンディオンセ神戸 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12556741

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第29節名古屋対千葉:

« なでしこリーグ1部プレーオフ日テレ対浦和 | トップページ | 天皇杯4回戦東京対バンディオンセ神戸 »