« J1リーグ第30節大分対名古屋 | トップページ | J1リーグ第31節大宮対鹿島 »

J1リーグ第30節清水対大宮

土曜日に、大宮対鹿島へ行く前に、あわててJSPORTSの録画中継の録画を見た。

序盤から大宮優勢の試合。トップに入ったアリソンがスピードで前線をかき回し、主税など、中盤からもいいサポート。ただ、FWのコマ不足は歴然としていた。清水の中央の守備が手堅かったこともあるが、アリソンはボールを持った状態で外に流れることが多く、そうなった時に、ゴール前で受ける選手が居ない。ここでゴール前に若林なり、森田なりが居れば、と思う場面がかなりあった。そんなわけで、なかなかゴールが生まれない。
一方の清水は、組み立てにミスが多く、それが大宮がセカンドボールを奪って、主導権を握る一因でもあったわけだけど、前半15分に一瞬のスキを突いて右サイドから枝村がゴール前へロングクロスを入れ、マルキーニョスがあわや、という場面を作り(結局シュートミス)、さらにその数分後、今度は伊東が似たような形でのクロスを上げ、今度はマルキーニョスがトニーニョと競り合いながら決めて来て、清水が先制。大宮にしたら、押してる試合で相手に先行される嫌な展開だった。前半の最後の方には、久永がペナルティリア内で倒されて、という場面もあったが、流されたあげくに、アリソンが西部を倒したということで警告を貰う場面もあり、ハーフタイムには選手たちが主審に詰め寄るような、悪い流れになっていた。

試合の主導権自体は、後半も大宮が握り続けた。しかし、ゴールが生まれない。ようやく三浦が動いたのは後半10分を廻った所。冨田を下げて若林を投入。そしていきなり、FKからの流れから、ペナルティエリア内で岩下に倒されPK(^^;。大悟が決めて、同点。
以降、前線に若林がターゲットとして入ったことで(冨田の位置に久永が下がり、さらにその位置に大悟が下がるようなイメージ)、攻撃は明らかに迫力を増した。その後、マルキーニョスがシミュレーションで2回目の警告を受けて退場したことも、勢いを加速したと思う。決定機も何度か作ったんだが…。最大の決定機ふたつは西部の当りに阻まれ、最終的には、清水のDF陣が粘り勝ったという感じで、1-1ドロー。

大宮にとっては、明らかに勝ち点2を取り損ねた試合だった。ただ、内容は悪くはなかったし、特に若林の投入後の展開は、非常に良かった。普通に考えたら、鹿島戦は頭からアリソンと若林の2トップだよな。でも、三浦は大悟にこだわって、そうはしねえんだろうな。と思いつつ、埼スタへ向かったわけで…。

|

« J1リーグ第30節大分対名古屋 | トップページ | J1リーグ第31節大宮対鹿島 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12749959

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第30節清水対大宮:

« J1リーグ第30節大分対名古屋 | トップページ | J1リーグ第31節大宮対鹿島 »