« J1リーグ第31節大宮対鹿島 | トップページ | 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 武南対市立浦和 »

J1リーグ第31節名古屋対浦和

埼玉スタジアムの大宮対鹿島から引き上げて、途中で結果を聞かずに帰宅出来たので、速攻でNHK地上波の録画を見た。まあ、埼玉スタジアムではハーフタイムに他会場の結果を流していたから、前半スコアレスというのは知っていたんだけど。なので、とりあえず後半から見た。

かなり押され気味だったけど、最近の浦和戦の中では、名古屋が自分らのペースで試合が出来てた部類かな。それでも堅守に阻まれて決定機はなかなか作れないし、浦和に決定機は次々作られるし、見ていて気が気じゃなかった。ただ、日頃、異常な決定力を見せるワシントンが、どうもハズレっぽかったのと、それ以外では最近好調らしい山田が要警戒かと思っていたが、彼もハズレぽく、こいつらのシュートさえ決まらなければ目はあるよな、という気が段々してきた。

んでもって、ヨンセンの先制ゴール(^^)/。
ヨンセンの決定力と本田のクロスの正確さは素晴らしかったが、そこへ至るまでに手間取って、なんだまた逸機かよ、という雰囲気がしていたのが、ある意味、浦和の油断を誘ったのかな、という気もする。
1-0になってからの時間が、長過ぎず短過ぎずだったのも良かったと思う。珍しくバックスにほとんどミスがなく(古賀じゃなくて、増川だったのが良かったような気もする。スコンと抜かれた場面はあったが)、楢崎も久々に神のセーブを見せてくれて、守備的には今季最高の試合をしたんじゃないかと思うくらい。そういえば、いつもの浦和戦に較べて、自ゴールに近い位置での変なファールが少なかったようにも思う。この辺も、それなりに自分たちのペースで試合が出来てた現れかも知れない。

浦和が山田に代えて小野伸二を出して来た時点で、勝ったかもな、と思った。チームにフィットしてない小野の投入は、明らかにチーム力を落とすはずなので。もっとも、うちも、俊哉に代えて吉村を入れた時は、だいぶ怖かったけど。俊哉が穴を丹念に潰しているなあ、という印象が、とても強かったから。そういえば、正友が出場停止で、俊哉が入ってたというのも、この試合のポイントだったかも知れない。

残り5分切ったあたりからは、その時間帯に異常な決定力を見せる(そんなんばっかりや(^^;。でも、結局、それが浦和が勝ち点を伸ばせてる最大の理由)闘莉王が怖かった。最後の最後の一撃は、お約束の一発で本当にやばかったと思うが、スピラールが弾き返してくれて、めでたしめでたし。

で、後半の後で前半を見たけど、ワシントンのポスト直撃シュートもやばかったねえ。まあ、あれを決めるのはいつものワシントンのわけで、後半にもポストをギリギリで外れたシュートがあったし、要はこの日は彼の日ではなかったということなんだろう。

J1残留確定して、チームの気が抜けることを心配してたけど、1年で一番気合いが入るカード(^^;に関しては、それは杞憂だったらしい。よかったよかった。でも次のセレッソ戦は、マジでやばそうですな。中盤の選手が軒並み出場停止で人が居らんし、いよいよ気抜けしてそうだし。

|

« J1リーグ第31節大宮対鹿島 | トップページ | 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 武南対市立浦和 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12750367

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第31節名古屋対浦和:

« J1リーグ第31節大宮対鹿島 | トップページ | 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 武南対市立浦和 »