« 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 武南対市立浦和 | トップページ | 感想「下山事件(シモヤマ・ケース)」 »

感想「ツーダン満塁」

「ツーダン満塁」 矢作俊彦 東京書籍
東京書籍から出てる矢作俊彦の雑文集の何冊めか。出たのは2002年で何となく見逃していた。
矢作らしい語り口がたのしめるっつーか、それ以上でも以下でもないっつーか。まあ雑文集だから。
複数の文章で、短いのに内容がかぶっていて、興ざめだったりする所はある。時事的な問題を世の中一般とは違った観点から語っている文章は、逆に自分と観点が似ていたりするから、それはそれで共感はするのだけど(たとえば911についての文章は、こないだの9月11日に自分が考えてたことと、とても似ていた)、矢作にそういうものを期待してるわけじゃないしなと思ったりもする。
キューバやスコットランドやパリを訪れての文章あたりは、いかにも矢作らしいひねくれた面白さがよく出ていて、たのしめた。
東京新聞のコラムで以前読んだはずの文章が収録されていたが、巻末の初出一覧に記載がなかったのはなぜだろう?
(2006.10.6読了)

|

« 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 武南対市立浦和 | トップページ | 感想「下山事件(シモヤマ・ケース)」 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12763525

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ツーダン満塁」:

« 高校サッカー選手権大会埼玉県大会決勝 武南対市立浦和 | トップページ | 感想「下山事件(シモヤマ・ケース)」 »