« 感想「杖下に死す」 | トップページ | 感想「グラックの卵」 »

感想「天の声」

「天の声」 スタニスワフ・レム サンリオSF文庫
随分以前に古本屋で安く出てるのを見つけて買って、それっきり放り出してあったのを読んでみた。この作品自体は、今は国書刊行会から出ているので、このサンリオ版は、もうそんなに値打ちはないんだろうな。

序文のあたりが、非常に読みにくくて、翻訳が悪いのかな、と思っていたが、本文に入ると必ずしもそうでもなかったので、ある程度は原文のせいもあるんだろうと思った。ちなみに訳者は深見弾。
内容は…よくわからない。解説を見ると、当時の主流のSFに対するアンチ的な意味合いが強いんだろうかと思う。科学技術を共通言語として、異世界の文明ともコミュニケーションは図れるはずという、科学万能主義的な世界観に対するアンチテーゼなのか? そういう考え方が必ずしも支配的ではない今の時代に読むと、そんなに特別な印象も受けないのだけど、この本が出た当時はそうでもなかったんだろうか。
それ以外にも、ポイントか?、と思える部分はいくつかあるが、どうもうまく掴み切れない。作品が書かれた時代や、ポーランドというレムが暮らす国に、馴染みがないからのような気がする。SFではあるが、そういう背景を抜きには考えられない小説、という印象。
(2006.9.29読了)

|

« 感想「杖下に死す」 | トップページ | 感想「グラックの卵」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/12677098

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「天の声」:

« 感想「杖下に死す」 | トップページ | 感想「グラックの卵」 »