« ダリ回顧展 | トップページ | 天皇杯5回戦大宮対磐田 »

Jリーグ第34節新潟対大宮

今年の試合、今年のうちに、ってことで、なんとかギリギリでJSPORTSの録画を見た。やれやれやっと終わった。

新潟はホームなんで、威勢良く攻めて来るし、大宮は序盤は慎重に進めるから、どうしても大宮が受けに廻る試合になってた感じ。主審(奥谷さん)は、接触プレーでは攻撃側に有利な笛を吹いてる印象で、自然に新潟のいい位置からのFKも増える。そんなこんなで、前半は新潟優勢の試合だったけど、昼に見てた滝川二みたいに、新潟は決定機は多いが決められない。もっとも、大宮も攻められ放しだったわけではなく、2回くらい、森田がいい形でシュートを放ったけど、惜しい所で決まらない。スコアレスで前半終了。

後半、大宮は頭から久永に代えて主税。後半3分、大悟が左サイドからFKをゴール前へ入れて行くと、ゴール前で混戦になり、新潟がクリアしたこぼれ球を主税が押し込んで、ドサクサで大宮が先制。(新潟の選手がハンドのアピールをしてたみたいだったが、画面には映ってなかったので、分からない)
その後は大宮が主導権を握り、特に主税がよく効いて、チャンスを作り出していった。今シーズン終盤戦の主税は、かなり良い出来だった印象がある。それがチームの成績に直結していたか、というと、必ずしもそうでもないんだけど、彼が居ると、大悟の負担が減って、余裕が生まれるのも確か。まあ、この試合の大悟は、前半も、割と調子が良さそうには見えたけど。
一方で右サイドの久永が、珍しく、あまり目立っていなくて、大悟のパスの受け手になれていなかった(むしろ左サイドのハヤトの方が効いていた)。そういう意味では、後半頭でのこの交代は妥当なものだったと思う。

で、後半半ばに右サイドでのスローインでのリスタートから、波戸のパスを受けた大悟が、トリッキーなプレーでDFをかわして、難しい角度からのシュートをぶち込んで追加点。
その後、終盤に掛けて、新潟が激しく攻めて来たが、うまくいなしていた。長目のロスタイムの最後の最後に、ファビーニョに押し込まれて1点を失ったが、そこで試合終了となった。

ファビーニョのゴールには、後半40分頃に投入された岡山が絡んでいたので、許す(^^;。エジミウソンが左サイドを突破して行く所で、倒れ込みながら頭で、絶妙なつなぎを見せていた。これがJ1での最後のプレーになっちまうのかなあ>岡山。トライアウトでも張り切ってたみたいだし、移籍先が見つかることを祈る。

大宮は、ディフェンスでのトニーニョの存在感を、改めて感じたんだけど、切っちまって、本当に大丈夫なのかね。穴を埋める補強の当てはあるんだろうか。まあ、マンネリ化しつつある印象を、受けていたのは確かなんだけど。
でも、土屋のヴェルディ移籍も決まったみたいだし、ディフェンスの大型補強は必須。当てはあるのか?>大宮。

|

« ダリ回顧展 | トップページ | 天皇杯5回戦大宮対磐田 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/13272953

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ第34節新潟対大宮:

« ダリ回顧展 | トップページ | 天皇杯5回戦大宮対磐田 »