« 感想「喪失」 | トップページ | 感想「バンカーから死体が」 »

日本選手権決勝 東芝対トヨタ

2007.2.25 14時 秩父宮 晴

 東芝ブレイブルーパス 19-10 トヨタ自動車ヴェルブリッツ

先手を取ったのはトヨタで、アイイが6分にPG(ただし、その前に一つ外していた)。でも即座に東芝が2トライでひっくり返す。縦に突破する力強さもパスで展開するスピードも、やっぱり東芝が一枚上手。やっぱり東芝の優位は動かないな、という感じだった。ただ、トヨタもよく粘ったけどね。FW戦ではほぼ互角で、押し込まれてもよく持ち堪えたし、かなりよく攻めてもいた。東芝の堅守に遭って、あと一歩が届かなかったけど。前半12対3で折り返し。

後半、風上に立った影響かトヨタに勢いが出て来た。東芝は連携に乱れが目立って、追加点がなかなか奪えず、相手を圧倒する展開に持ち込めないし、攻め込まれる場面も目立った。それでも東芝は、堅守で凌ぎ続けたが、トヨタが11分にゴール前で粘った末に、遂に赤沼がトライを決める。これで12対10の2点差。そして22分、アイイが長めだがほぼ正面からのPGを蹴る…外れる (^_^;)。
ここから、双方が故障で先発から外した切り札を切ってきた。東芝はラインアウトからドライビングモールの局面でバツベイ投入。しかしトヨタは耐えたねえ。東芝に追加点を許さない。一方、トヨタは廣瀬を投入。2点差なら廣瀬のPG一発で逆転という計算だったと思う。しかしそのチャンスがないまま、試合は終盤へ。38分に、東芝の素早い連携から立川が裏へ抜け出しトライ。ゴールも決まって19対10。試合を決めた一撃だった。

順当な結果だっただろうけど、トヨタが予想以上によく食い下がったと思う。東芝の出来がベストでなかったこともあって(それともトヨタの気迫が、東芝のミスを呼んだものかも知れない)、結構きわどい試合だった。トヨタはアイイのPGがさっぱり決まらなかったのが痛かったな。故障で先発から外れた廣瀬が、最初から出ていればどうだったか。もっとも廣瀬では、アイイほど走り廻って展開することは難しかったかも知れないけど。
それにしても、1月から見てたが、東芝は強かったな。ラグビーは波乱が起きにくい競技とはいっても、ここまできっちり勝ち切るのは、やっぱりそれだけの力があってのことだろうし。実際、強過ぎてつまらんというのはともかく(^^;、見てて面白い試合をしてたと思うし。2冠に値すると思う。

  20070225titib

  20070225yusho

|

« 感想「喪失」 | トップページ | 感想「バンカーから死体が」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14044563

この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権決勝 東芝対トヨタ:

« 感想「喪失」 | トップページ | 感想「バンカーから死体が」 »