« 感想「ミステリの原稿は夜中に徹夜で書こう」 | トップページ | 感想「コンピュータ・コネクション」 »

トップリーグ入替戦

2007.2.12 秩父宮 晴

第1試合 12時

 日本IBMビッグブルー 29-29 近鉄ライナーズ

立上がりは、まあ五分五分かなと思ったけど、序盤の近鉄はミスが多くて流れを掴み損ねた印象。IBMはその間にきっちり点を積み重ねて、一時は16対0まで持って行った。近鉄は前半ロスタイムに1トライ返すのが精一杯。それも後半頭にIBMの速攻で即座に返されちゃったから、これで決まりかなと思ったが、近鉄はそこから粘った。出足が良くなりFWも押し勝てるようになり、ひっくり返して突き放し、後半30分で29対21。
しかしそこからIBMが巻き返し、PGで5点差に詰めると、ロスタイムに相手ゴール前でラインアウトからモールで力づくで押し込んで同点。そのまま終了。IBMが残留を決めた。

IBMを見たのは2回目だけど、前回もロスタイムで同点になって引分けだった。攻勢に出ている時は綺麗に展開するし、縦に抜けるスピードや、アイディアもあって、見ていて面白いチームだと思うんだけど、いまいち結果が伴わないのは、つまんないファールをしたり、決定的な場面でミスが出る、というあたりの問題かな。詰めが甘いという印象。それでも、今年見たチームの中では(大半が1-2試合しか見てないから、あくまでも一面しか見てないとは思うが)、怪しさも含めて(^^;、一番気を引かれたチームだった。
近鉄は、立上がり、上位リーグに居たチームのスピードや当りに、戸惑ってしまったのかな、という気がする。前半、もう一工夫あれば、という場面が結構多くて、多分、ウェストではあれで何とかなってたんだろうな、と感じたし、後半、自分たちのペースを取り戻して、優位に試合を運び始めたから、さらにその印象が強くなった。実力では、 IBMと大きな差はなかったんじゃないかと思う。それにしても、近鉄はなかなか戻って来れないねえ。

  20070212dai1_1


第2試合 14時

 リコーブラックラムズ 43-24 ホンダヒート

リコーはPGで先制したのはいいが、立上がりからリコーの方が、かなり優勢に見えたし、それで少し気を緩めちゃったかも知れない。ホンダの速攻からトライを決められて逆転され、さらにスクラムでのミスから持ち込まれて前半15分で3対14。
とはいうものの、それでリコーの気合が入ったら、もうホンダは太刀打ち出来なかった。トライ2つで前半25分にはあっさりひっくり返し、あとはそのまま主導権を放さなかったリコーが完勝して、トップリーグ残留。

リコーを見たのは、2年前にやっぱり入替戦で豊田自動織機とやるのを見て以来だと思う。あの時は天気が悪くて寒かったこともあってか、客は少ないし、ひどく寂しい雰囲気だったけど、今日は全然違った。天気はいいし、あったかいし、賑やかだったし。まあ、2試合あった(4チーム分の観客が来た)ということもあったんだろう。
2年前のリコーは、もうちょっとゴツゴツしたチームだったような印象があるんだけど、今日は随分洗練されたラグビーをやってた気がする。パスを受けて、バックスが飛び出して行く形がきっちり出来ていて、その形でトライを量産していた。
ホンダは、統制の取れた応援団が華々しく応援を繰り広げていたけど、チームは力不足の感は否めなかったな。挙げた得点も、結局、リコーのミス絡みみたいなのが多くて、序盤、そこを抜け目なく突いて行けたのはモチベーションの高さがあったんだろうけど、リコーがペースを取り戻すと、無理だな、という雰囲気が濃厚になった。トップの11位とウェストの2位の対戦として、順当な結果だっただろうと思う。

  20070112dai2

|

« 感想「ミステリの原稿は夜中に徹夜で書こう」 | トップページ | 感想「コンピュータ・コネクション」 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/13899108

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ入替戦:

« 感想「ミステリの原稿は夜中に徹夜で書こう」 | トップページ | 感想「コンピュータ・コネクション」 »