« 感想「アイランド」 | トップページ | マイクロソフト杯決勝 東芝対サントリー »

感想「逃亡日記」

「逃亡日記」 吾妻ひでお 日本文芸社
吾妻ひでおの日記3部作?(^^;の3冊目。ちなみに、3冊とも、判型も装丁も似通っているけど、全部違う出版社。「失踪日記」はイーストプレスで、「うつうつひでお日記」は角川書店で、これは日本文芸社。吾妻ひでお自ら、本の中で、「「失踪日記」の便乗本」「立ち読みして、買わなくていいです」と呼びかけている(^^;。まー、それでも買ってしまったわけだが(そういう記述が本文中にあるのに気付いた上で、買いました(^^;)。

マンガは冒頭と巻末のそれぞれ10ページ前後のがあるくらいで、あとは大半が、吾妻ひでおがこれまでやって来た、あれこれについてのインタビュー。いろいろと、興味深かったり、面白かったりするんだけど、あくまでもインタビューで創作でもマンガでもないので、読んだ誰もが面白いと思える本ではないだろうな。前2作 (^^;を読んでいる上で、過去の作品も一通り知ってるくらいでないと、全体を通して、面白いと思うのは難しいんじゃないかな。もっとも、アル中とホームレス体験について語っているあたりは、予備知識がなくても、実体験の重みに感銘を受ける部分があるかも知れないが。この辺はかなり生々しいものがある。
自分は、吾妻ひでおのマンガを読んでた時期がそこそこ長いし、結構変なものまで手を出してたから、思い出されることがいろいろあって、愉しめたけれども。ただ、この人はこの先、どこまでマンガ家としてやっていけるんだろうな、とも思った。
(2007.2.1読了)

|

« 感想「アイランド」 | トップページ | マイクロソフト杯決勝 東芝対サントリー »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/13770535

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「逃亡日記」:

» 「失踪日記」吾妻ひでお [読書とジャンプ]
吾妻さん曰く、本書はやむをえないしがらみがあって引き受けただけの「失踪日記の便乗本」で、漫画(9+4P)だけ立ち読みすればいいらしいですよ?(笑)「とりあえず、逃げてみた」『失踪日記』では描かれることのなかった、生い立ち・漫画家デビューから、失踪・アル...... [続きを読む]

受信: 2007.02.14 07:43

« 感想「アイランド」 | トップページ | マイクロソフト杯決勝 東芝対サントリー »