« 感想「日本ラグビー復活の鼓動」 | トップページ | 感想「逃亡日記」 »

感想「アイランド」

「アイランド」 トマス・ペリー 文春文庫
原書は87年刊行で、邦訳は95年刊行。今は新刊では品切れらしい。何気なく、古本で入手したんだが…。

詐欺師の一味がカリブ海の真ん中に島国をでっち上げて、ひと儲けを企む話。それはそれで、かなり奇想天外で結構イカした話に思えるが、話はそこでは終わらない。そうやって作った島国に説得力を与えるために、色々な人間を呼び込んでいくうち、そこが彼らの共同体としての夢の「国」になっていく。その過程のひとつひとつが、おかしくて楽しい。
現代を舞台にする上で、リアリティを獲得するために、ある程度は血も流れるし、殺伐とした場面もあるが、本質的にはこれは、本当のことならいいのに、と思えるようなおとぎ話。心から楽しめた小説だった。出た当時に見落としてたのは悔しいけど、おかげで今、楽しめたわけではあるかな。本当に何気なく、それほど期待もせずに入手した本だっただけに、ここまで楽しめたというのは嬉しい。

トマス・ペリーは、先行して出た他の本の書評を読んで、合わないかもと思って、視野から外した作家だったのだけど、こうなってみると、他の作品も読んでみたい気がしてくる。あとがきを見る限りでは、本書が最高傑作なのかも知れないけれど、それでも気になるな。
それにしても、本を選ぶというのは難しい。
(2007.1.30読了)

|

« 感想「日本ラグビー復活の鼓動」 | トップページ | 感想「逃亡日記」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/13738037

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「アイランド」:

» アマゾンで本を賢く安く手に入れる [アマゾン本]
アマゾンの本やCD、DVDの購入方法や中古の本の入手の仕方などの基礎知識やアドバイスを提供するサイトです。アマゾンで本を購入される方は必見です。 [続きを読む]

受信: 2007.02.01 02:05

« 感想「日本ラグビー復活の鼓動」 | トップページ | 感想「逃亡日記」 »