« J1リーグ第2節大宮対東京 | トップページ | J1リーグ第3節大分対大宮 »

オープン戦 ヤクルト対巨人(3/15)

2007.3.15 13:00 神宮
G 000203010 6
S 410000001 6
[H](S)畠山(門倉)、(G)李承[火華](佐藤賢)

今年初の神宮。今年初の野球観戦。

1回裏に到着した目の前で、3番ガイエルが三振したが、既に1点リード。青木のツーベースを浩康が返したらしかった。さらにラミレス・宮出連打のあと、畠山がレフトに3ランで4対0。2回も飯原がヒットで出て、青木がツーベースで返し、5対0。まあ巨人の先発は門倉だからな、とは思ったが。しかし、門倉を取って工藤を取られるってのも、かなり間抜けだよな(^_^;)>巨人。
とはいうものの、3回から門倉の変化球がそこそこ決まり始めると、途端に攻めあぐむ。でもって、3回まで巨人を(多分)パーフェクトに抑えてた石川が、やっぱり今年も5回までしか持たんの?というピッチング。4回に乱れて2失点。さらに6回にも1点取られて2死2塁で降板。ここで遠藤がリリーフに出たが、連打を食らってあっさり同点。
5回からは巨人2番手の木佐貫が好投して、押えられちゃってる間に、8回にマサルサンがスンヨプにライトへでっかい一発を食らい逆転。あ〜あ。
しかし9回裏、巨人が投入して来た久保から、先頭の度会がセンター前。2死後、真中のヒットで1・3塁。ここで米野がタイムリーを打って、土壇場で追い付いた。さらに続く大原がヒットを打てればサヨナラだったが、さすがにヘイシュウには荷が重かった(^^;。三振。6対6の引分けで終了。まあ、オープン戦だし、勝敗はあんまり、どうでもいいけどね。

石川は今年も5回戦ボーイなんだろうか、という懸念が兆すなあ。新戦力では、今日の出来では遠藤は厳しいと思ったが、その次に出て、4人に投げた西崎は、結構面白いかも知れない。そこそこ球威があるし、変化球の切れも良かったし。マサルさんは、結構良かったと思う。スンヨプの一発は、まあ、しょうがなかったんじゃないかな…。

打つ方では、青木は貫禄だったけど、他はねえ。かさにかかって行ける時は、めったやたらと打つけども、ちょっと相手投手が良くなると、すぐにおとなしくなっちゃうのは相変わらず。畠山も、最初は良かったけど、終盤のチャンスに立て続けに凡退したのは、印象悪いな。それよりも、途中出場なのに、2安打を放った度会が光った感じ。あと、米野はよく打ったなあ。

守備では、サード宮出、ショート飯原とも、無難というか、結構難しめなボールもミスなく捌いていて、ちょっと感心した。連携とかまでは、よくわからなかったけど、とりあえず何とかやれそうな雰囲気はあったな。

  20070315jng

  20070315board

|

« J1リーグ第2節大宮対東京 | トップページ | J1リーグ第3節大分対大宮 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14274296

この記事へのトラックバック一覧です: オープン戦 ヤクルト対巨人(3/15):

« J1リーグ第2節大宮対東京 | トップページ | J1リーグ第3節大分対大宮 »