« ナビスコ杯予選L第2節名古屋対甲府 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(3/31) »

セリーグ 中日対ヤクルト(3/30)

2007.3.30 18:00 ナゴヤドーム
S 000000120 3
D 00200005X 7
[敗]木田、[勝]川上、[S]ラミレス、[H](S)リグス(川上)

晩飯食いがてら、途中からJSPORTS2で開幕戦の中継を見てた。
テレビ点けたら8回表で、リグスの2ランで逆転して、3対2にしたとこだったらしい。一久、7回まで投げて2失点なら上等じゃないかな。その失点もガイエルの拙守絡みだったそうだし。
ただ、問題は2番手以降のピッチャーだからな、と思ったんだよなあ。8回裏に木田が登板したが、良かったのはウッズをサードゴロ・ゲッツーに仕留めたことだけで、3安打1敬遠。中村紀洋に同点打を打たれ、2死1-2塁で降板。佐藤賢が登板したが、立浪にセンターへ打ち返され逆転。続く花田は、沢井・井端に連打されてさらに3点を失い3対7。
9回表は先頭の度会がヒットで出たが、古田が遊ゴロを打ってゲッツー。飯原三ゴロで終了。

2番手以降のピッチャーの頼りなさ、古田得意の併殺打、新外国人の拙い守備、気になる悪い所が全部出たみたい。オープン戦が妙に調子が良かったので、あれ?、案外強いのかな?、と思ってたが、やっぱり駄目か。
それにしても、中日も、オープン戦であれだけ打てんかったのに。やっぱ、オープン戦と公式戦は違うってことだよな。
すっかり紀洋の引き立て役になっちまったな(;_;)

|

« ナビスコ杯予選L第2節名古屋対甲府 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(3/31) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14463058

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ 中日対ヤクルト(3/30):

» センバツ〝東海決戦〟と清峰・夏へ向けての戦い。(とヤクルト開幕から4連敗;。) [<徳島早苗の間>]
 九州勢最後の砦だった熊本工が準決勝で玉砕。勝てると思っていただけに惜しかった。  ◆熊本工9回逆転され決勝逃がす◆ 東海勢同士の決勝は48年振りだそうで、さぞ局地的に盛り上がった事であろ~。  ◆常葉菊川が初優勝…8回奇跡の逆転劇◆ 4月3日【決勝】 :  大垣日大(岐阜)=220 001 000 5  常葉菊川(静岡)=111 000 12X 6    【常】戸狩-田中 【大】森田 【本塁打】 (常)町田1号(常)中川1号  現在2007年春季九州高校野球大会が開催され... [続きを読む]

受信: 2007.04.04 19:48

« ナビスコ杯予選L第2節名古屋対甲府 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(3/31) »