« J1リーグ第1節名古屋対千葉 | トップページ | J1リーグ第2節甲府対名古屋 »

ACL 浦和対ペルシク・ケディリ

2007.3.7(水) 19時30分 埼玉スタジアム 晴 
観客 31303人 主審 キム・ドンミン 副審 ヤン・ビョンコン、ソン・ジェソン 

 浦和レッドダイヤモンズ 3(2-0)0 ベルシク・ケディリ 
              (1-0)

 得点 11分 浦和・山田
    44分 浦和・永井
    74分 浦和・小野

 浦和 都築(GK)、ネネ、阿部、坪井、
    山田、鈴木、相馬(79分平川)、小野、
    ポンテ、ワシントン(68分岡野)、永井
 ペルシク 27カディ(GK)、4インタルト、6ザイヌリ、
    18ブラスティア、3イバ、12ハリアント、
    25クルニアウン、28オリベイラ、30アルメイダ、
    10ゴンザレス、13スダルソン(75分19ススワント)
 (ベルシク・ケディリはアナウンスで聞き取れた名前を部分的に書き取った
  だけなので、かなりいい加減。掲示板の表示は文字が小さくて、書き取る
  のが面倒くさくて(^^;。後で直すことが出来たら、直します)

チケットがあったもんで(^^;見に行った。

浦和のボコ勝ちだろうと思ってたが、あんまりムキにならなかった印象>浦和。様子見で、まったり試合を始めたら、そのままなんとかなっちゃったんでペースも上がらんかったという感じ。11分にCKからのこぼれを山田が押し込んで、早々に先制したからね。その後、決定機にワシントン他が外し倒して、前半はあわや1対0で終わるかと思ったら、ロスタイムに永井が決めるし。永井、ああいう時間帯の得点が、ほんっとに得意だよな(^^;。

後半もペースは変わらず、浦和は、圧倒的に押し込んでる割には点が入らなかったけど、74分に小野が正面からミドルを決めて3対0。
んで、寒いし、何も起きそうもないし、そもそも19時キックオフと勘違いしてて、それに合わせて行っていたから、いろいろ準備も不足してたし、3万人も観客が入っていて、帰りに電車が込みそうだし、ってんで、85分で引き上げちゃったけど、そのまま終わったらしい。(上記の記録も、見た範囲内で85分までのもの。その後、何か動きがあったことが分かれば、後で訂正しときます)

ペルシク・ケディリは多分ショート0。あわやという場面もなかったな。浦和に対して優位な要素が何もなかったからなあ。特に下手という感じはしなかったが、日頃、あんなデカイFWとか、むやみやたらと走り回る相手とは、サッカーしてないんじゃないか、という気がした。多分に慣れの問題があるような。まあ、あと、観光モードで来日してたという話も聞いたけど(^^;。昨日、浅草に行ってたとか。
2人のボランチが、名前からすると (オリベイラとアルメイダ)南米の選手ぽくて、結構巧かったけれど、彼らの展開を生かして得点を狙える選手が居なかった。ほぼ1トップのゴンザレス(これも南米らしい)が、そういう選手だったのかも知れないが、あれだけ全体的に劣勢で孤立してたらしょうがないね。でも見てて好感の持てるチームではあった。相手次第では結構綺麗なパスサッカーが出来そうなチームだったね。

浦和は流してたんだろうと思うんだけど、そうでないんなら、この相手にこれだけグズグズな展開と決定力不足は、ちょっと問題だろう。特にワシントンの「病気」が重そうだな(^^;。

  20070307south

  20070307afc

  20070307kick

|

« J1リーグ第1節名古屋対千葉 | トップページ | J1リーグ第2節甲府対名古屋 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14183462

この記事へのトラックバック一覧です: ACL 浦和対ペルシク・ケディリ:

« J1リーグ第1節名古屋対千葉 | トップページ | J1リーグ第2節甲府対名古屋 »