« 日本選手権決勝 東芝対トヨタ | トップページ | J1リーグ第1節G大阪対大宮 »

感想「バンカーから死体が」

「バンカーから死体が」 小鷹信光・編 東京書籍
ゴルフミステリのアンソロジー。東京書籍のザ・スポーツノンフィクションの一冊。この叢書は結構気に入っていて、古本屋で見掛けると買ってる。半分くらいは持ってるんじゃないかな。ただ新刊で出てた頃は一冊も買ってなかった(^^;)。これも数年前に古本で入手したもの。
なお、本書は叢書では別巻扱い。なにせノンフィクションの叢書ですからね。

ゴルフミステリという縛りは、テーマ的にあまり広がりがないから、作品選定はやや難しいんじゃないんだろうかと思ったが、収録作はかなりの粒揃いという印象。時代的にも内容的にも、バラエティに富んでいるし、数合わせで入れたかな、と思うようなものもなく、どれも面白く読めた。それだけゴルフが、英米では古くから根付いたスポーツということなのかな。
中で一つ選ぶならジェイムズ・A・ノーブルの「ゴルフ狂殺人事件」かな。込み入ったプロットが、ゴルフと有機的に結び付いてるのがいいと思った。

|

« 日本選手権決勝 東芝対トヨタ | トップページ | J1リーグ第1節G大阪対大宮 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14083990

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「バンカーから死体が」:

« 日本選手権決勝 東芝対トヨタ | トップページ | J1リーグ第1節G大阪対大宮 »