« セリーグ 中日対ヤクルト(3/30) | トップページ | J1リーグ第4節大宮対清水 »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(3/31)

2007.3.31 13:00 戸田
E 000300100 4
S 00030002X 5
[勝]宇野 [敗] [H](S)武内(愛敬)、川本

戸田へ行ったが、夕方、別件があったので、最後まで見る気はなかった。それでもなるべく長いイニングは見たいから、速い試合展開を希望していたわけで。

3回までは希望通り。
楽天は、スワローズ先発の松井に対して、妙に早打ちで攻略出来ていなかったし、スワローズも楽天先発の愛敬から、ヒットは打つんだけど、崩し切れなかった。3回終わって0対0。まだ45分しか経ってなかった。

でも4回から急に停滞(^^;。
まずは松井。1死後、4安打1四球で、あっという間に3失点。そこまでノーヒットだったのに、突然崩れたんだが、どっちかというと、そこまでも時々あった甘い球を、2巡目に入った楽天打線が、見極めて打ち始めたという印象だった。
次は愛敬。先頭の川端が右中間突破のスリーベース。続く武内が右中間へツーランを放り込む。さらに川本がヒットで出て、野口のヒットで3進し、牧谷の犠飛で生還して同点。
そろそろ時間がヤバくなって来てたが、5回までは見ておきたかった。5回は双方のピッチャーが続投したものの、大きな波乱なく終り、ここで撤退かな、と思ったが、6回表、スワローズの投手で、新人の西崎がコールされたもんで、もう少し見て行くことに(^^;。
西崎は荒れ球気味。先頭の吉岡には、詰まり気味だったが飛んだコースが良くてライト前ヒットを打たれ、続く山下には足を直撃する死球。治療に時間がかかる (^^;。西崎はその後も制球に苦しみ、ガタガタ崩れるかと思ったが、なんとか後続を打ち取り、6回表は無失点。ここで撤退。

以降は、後で聞いた話。その後、西崎が暴投で勝ち越し点を与えたが、川本のツーランで逆転して、スワローズが勝ったらしい。そういう結果を聞くと、最後まで居たかったなと思うが、こればっかりは、しょうがねえや。

西崎は、今日見た印象からだけだと、戦力になるには、少し時間がかかるかな、という印象だけど、どうかな。松井もイマイチだったねえ。
川本は、いろんな意味で当りの日だったようで(^^;。決勝ホームラン含めて3安打だし、盗塁も1個決めていたが、さらに、2回の守備の時、三振を取って、まだ2死なのに、ベンチへ引き上げようとして、笑いも取っていた。大活躍だったな(^^;。

  20070331nisi

  20070331sakura

|

« セリーグ 中日対ヤクルト(3/30) | トップページ | J1リーグ第4節大宮対清水 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14476791

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(3/31):

« セリーグ 中日対ヤクルト(3/30) | トップページ | J1リーグ第4節大宮対清水 »