« セリーグ ヤクルト対阪神(4/5) | トップページ | ナビスコ杯予選L第3節名古屋対新潟 »

セリーグ ヤクルト対広島(4/7)

2007.4.7 14:00 神宮
C 01000000005 6
S 10000000000 1
[敗]高井 [勝]永川 [H](C)新井(増渕)

見に行ってた。

ヤクルト先発は増渕。明日だと思ってたから、おおっ、と盛り上がってしまった。増渕も期待に応えるピッチング。1回裏にラミレスの(限りなく嶋のエラーくさい(^_^;))スリーベースで先制した直後の2回表に、先頭の新井にライトへ叩き込まれて、振り出しに戻しちゃったとはいえ、7回1失点被安打4与四球1は立派。球威はあるし、制球も安定していて、ほぼ申し分ないピッチング。

そういう増渕を援護してやれんヤクルト打撃陣。広島がめったやたらと四球を恵んでくれるのに(最終的には9個)、8回までヒットはラミレスの2本だけ(しかもうち1本はエラー疑惑だ(^_^;))。そりゃあ得点出来ませんてば。
広島も、ヤクルト投手陣が好投で抑え込み、貧打戦のまま延長突入。11回表、ヤクルトは高井を投入。1死後、前田を打ち取った内野ゴロが、当りが弱すぎてヒットになる不運があり、好調新井にもヒットを打たれて、1死1-3塁。ここで花田に交代……花田大炎上5失点で敗戦。

でも、今日は高井も含めて、投手陣を責めようとは思わないな。みんなよく投げた。最後の花田だけは悪過ぎたとは思うけど、往々にしてこうなっちゃう投手なのは分かってるし、開幕戦もそうだったし。間が悪かったってとこかなと。
ある意味、9回半ば、まだ同点の段階で永川を出して来た広島と、高津を温存したヤクルトの執念の違いじゃないかな(もっとも、今年、永川が広島のクローザーなのかどうか、知らないが)。でも高津は連投してたから、簡単には出せなかった気持ちも分かるし。

いずれにしても、打線がもう少しなんとかしないと駄目でしょ。特に打率が下がる一方の助っ人二人。もっとも、リグスは守備では結構貢献しているように思えるんだが…。ガイエルも、今日見ていたら、足は案外速くて、肩も強いように思えた。ただ、捕球の時のぎこちなさがどうにもたまらん(^_^;)。

この時期だと、神宮はこういう角度で日が沈んで行くんだな、と。
  20070407higure

  20070407half

  20070407end

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(4/5) | トップページ | ナビスコ杯予選L第3節名古屋対新潟 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14596055

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(4/7):

« セリーグ ヤクルト対阪神(4/5) | トップページ | ナビスコ杯予選L第3節名古屋対新潟 »