« なでしこスーパー杯 日テレ対TASAKI | トップページ | セリーグ 阪神対ヤクルト(4/25) »

J1リーグ第7節千葉対大宮

2007.4.21 フクアリ

とりあえずタイトルだけ。
録画は押えたはずだけど、見てる余裕がない…。

(2007.5.17追記)

溜めてたJSPORTS録画をようやく消化。第7節かな? 大宮は名古屋に勝って、今季初勝利で勢いに乗りたいが、主税とレアンドロが警告累積と退場で出場停止という厳しい状況だった。
レアンドロの穴は奥野が一応埋めていたが、問題は主税で、この試合の敗因は、攻撃を組み立てられる代役の不在に尽きると思う。なにせ、片岡や西村を攻撃的なポジションで起用してるんだから。現実的な目標は、スコアレスドローか、どさくさで1点取って1対0で逃げ切りというものだったと思う。とはいえ、守備も安定していたとは言い難く、相手の球の出し先を消す動きは出来ていたようだったが(千葉が攻めあぐねてバックラインでボールを回す場面は結構あったからね)、一旦取っ掛かりを作られると、千葉の攻撃のスピードに翻弄されていた観があった。それでも、守備的に戦った前半は、よくしのいで0対0で折り返したが、後半序盤、流れが来た時に、人数を掛けて攻め込んだ所でカウンターの一撃で先制され、そのまま沈んだ。
後半は、それでも攻撃的に仕掛けてはいたし、その中ではハヤトが頑張っていたものの、彼一人だけでは…。大宮の決定的なチャンスは、ハヤトのクロスバーを叩いたミドルしかなかったんじゃないだろうか。
元々、名古屋戦の勝利自体が、面子が足りない中での苦肉の策の布陣が、名古屋の持ち味を効果的に消して、あわよくばの先制点が早い時間に決まったこともあって、たまたまうまく行ったんだけれども、そこからさらに面子が落ちて、対戦相手はチーム全体の運動量の多い千葉とあっては、敗戦は必然的だったのかも知れない。0対1なら、よくやった、と言っていいくらいだったのかも。

|

« なでしこスーパー杯 日テレ対TASAKI | トップページ | セリーグ 阪神対ヤクルト(4/25) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14858099

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第7節千葉対大宮:

« なでしこスーパー杯 日テレ対TASAKI | トップページ | セリーグ 阪神対ヤクルト(4/25) »