« J1リーグ第5節名古屋対広島 | トップページ | J1リーグ第5節鹿島対大宮 »

JFL前期第5節横河対鳥取

2007.4.8(日) 13時 西が丘 晴
観客 710人 主審 戸田東吾

 横河武蔵野FC 2(1-0)0 ガイナーレ鳥取
         (1-0)  

 得点 56分 横河・野木
    83分 横河・太田

 横河 大石(GK)、石川、瀬田、太田、片山、
    本多、池上(71分小山)、中島、原島
    野木(78分尹)、村山(83分宇治)
 鳥取 井上(GK)、濱田(57分増本)、山村、田村、樋口、
    安東、実信、西村、堀池(75分川田)、
    戸田、内山(73分田尾)

 警告 横河 なし
    鳥取 実信

今年初めてのJFL観戦。横河がかなり選手が様変わりしている印象で、最初はうまくつかめなかったな。そもそも、鳥取のゴール前に井上が居たりするし。

出足は横河が全体として威勢良く押し上げて、鳥取をかなり押し込んでたと思う。決定機も作ってたが決め切れず、前半半ばくらいから急激にスローダウンすると、鳥取がペースを掴んだ。西村とか、巧い選手が2・3人居て、つないで攻撃の形を作り始めた。後半序盤までその流れは続いて、鳥取に決定機も生まれたが、ちょっと大事にし過ぎてシュートが遅れた感じで、得点にならない。
後半11分、横河が中盤でのボール奪取から右サイドを上って、池上がゴール前にクロス。逆サイドで太田(7番が見えたが、DFの太田があの場所?と思って、17番の中島の見間違いかと考えてたら、記録だとやっぱり太田らしい)が折り返し、野木が押し込んで横河先制。これでペースを掴んだ横河が、終盤にもCKから太田(場内アナウンスでは確か瀬田になってたが、記録では太田になってる。瀬田が触った後で太田が押し込んだらしい)が押し込んで2対0として勝利。
横河は、前半の後半は、村山のワントップはちょっとキツいんじゃないですか、という感じだったけど、後半に入ってから、中島や野木が2列目から積極的に前に顔を出ていくようになったことで、かなり良くなった感じがした。あと、鳥取が戸田とかトップの選手に当てて攻撃の形を作ろうとするのに対して、横河のバックスが競って、そこをよく抑え込んでいた印象。逆に言うと、鳥取はそこんとこがうまく廻らないと、得点は難しいかもしらん。

  20070408tottori

  20070408atkick

  20070408board

|

« J1リーグ第5節名古屋対広島 | トップページ | J1リーグ第5節鹿島対大宮 »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14641612

この記事へのトラックバック一覧です: JFL前期第5節横河対鳥取:

» 栃木SC得失点で首位に立つ! [めざせJ1、日本フットボールリーグ(JFL)栃木SCファンサイト]
アウェイのユアテックスタジアム仙台でソニー仙台FCと対戦した栃木SCは、両チーム得点なく迎えた後半56分、栃木は小林が決める。このゴールが決勝点になり、栃木は得失点ながら首位に立つ。 [続きを読む]

受信: 2007.04.16 02:25

« J1リーグ第5節名古屋対広島 | トップページ | J1リーグ第5節鹿島対大宮 »