« 感想「ギャングスター・レッスン」 | トップページ | 感想「ヒート アイランド」 »

感想「苦いオードブル」

「苦いオードブル」 レックス・スタウト ハヤカワポケミス
レックス・スタウトの非ウルフ物で、探偵はテカムス・フォックス。ただしスキナー地方検事やロウクリッフは出てくるから、世界は繋がっている。ドル・ボナーも脇役で登場する。
バランス良くまとめた、職人的な作品という印象で、軽いけど悪くない出来。ただし、謎解きはフェアだが、シンプル過ぎて、誰でも分かってしまいそうな気はする。こうでないならこうだろうという、二者択一に容易にたどり着いてしまいそうだ。
フォックスは、アーチー・グッドウィンが1人でプレーしてたらこんな感じ?、というキャラクターかな。スタウトを知る人が、スタウト自身に良く似ていると言っていたという話もあるらしい。

ところでウルフ物に「苦いパテ」という中篇があるが、本書はそれの元ネタ。というか、スタウトがこれの短縮版を雑誌に売り込んだら、要らないけどウルフ物の中篇に書き直してくれたら高く買う、と言われて出来たのが「苦いパテ」だったという話がある。本書は原題が「Bad for Business」なのに、こんな邦題になっているのは、明らかにそれを踏まえたものじゃないかと思うんだが、解説でそのことに全く触れられていないのはどういうわけなんだろう。今、「苦いパテ」を入手するのが、それほど容易ではないとしてもねえ。
訳文も、訳者が「手袋の中の手」と同じ人で、あちら同様、「嬢」がウザかったりするし。
本の作り方に、疑問を感じてしまったが、最近の早川書房がやってるいろんなことを考えれば、別に不思議でもないか。
(2007.3.16読了)

|

« 感想「ギャングスター・レッスン」 | トップページ | 感想「ヒート アイランド」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14556712

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「苦いオードブル」:

» 『苦いオードブル』 レックス・スタウト(著), 矢沢聖子(翻訳) [じゅうのblog]
「レックス・スタウト」の長篇ミステリ作品『苦いオードブル(原題:Bad for Business)』を読みました。 [苦いオードブル(原題:Bad for Business)] 「コリン・デクスター」の『カインの娘たち』に続き、懐かしいハヤカワポケミス(ハヤカワ・ミステリ、HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOK)版です。 -----story------------- 老舗食品会社は揺れに揺れていた。 看板商品である瓶詰オードブルへのキニーネ混入事件が続いたのだ。 苦くて食べら... [続きを読む]

受信: 2017.01.25 21:19

« 感想「ギャングスター・レッスン」 | トップページ | 感想「ヒート アイランド」 »