« J1リーグ第4節横浜FC対名古屋 | トップページ | 感想「ギャングスター・レッスン」 »

感想「水滸伝」5

「水滸伝」5 北方謙三 集英社文庫
急に華々しい展開になった。梁山泊軍と官軍の派手な戦闘が勃発。ここまで、営々と人集めしてきていたが、一発、どかんとぶちまげたというところ。主要人物の何人かに、大きな動きがあって、死んじゃった人間も居たりして、ちょっと一区切りという感じなのかも知れない。
次巻以降はどういう風に話を転がして行くのかな。これだけの消耗戦に梁山泊側が耐え続けられるとも思えないから、またしばらく地味な展開になるのか、とも思うが、一度始まっちまったら、後戻りは出来ないようにも思えるしな。次巻が楽しみではあるかも。ようやくいい展開になって来たかな。
(2007.3.8読了)

|

« J1リーグ第4節横浜FC対名古屋 | トップページ | 感想「ギャングスター・レッスン」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/14556480

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「水滸伝」5:

» 「水滸伝5」敵は強い。 [再出発日記]
「水滸伝5」集英社文庫 北方謙三(1〜4については左のカテゴリー「水滸伝」をクリック)5巻目にして、大きな山場が来た。2回に分けて紹介する。ひとつひとつの章が、非常に濃い密度で描かれている。宋江の立場、袁明、あるいは魯智深、あるいは石秀、李富の立場で記事を...... [続きを読む]

受信: 2007.05.02 00:49

« J1リーグ第4節横浜FC対名古屋 | トップページ | 感想「ギャングスター・レッスン」 »