« ナビスコ杯予選L第5節名古屋対鹿島 | トップページ | イースタンリーグ グッドウィル対ヤクルト(5/13) »

セリーグ ヤクルト対阪神(5/12)

2007.4.12 18:20 神宮
T 010200000 3
S 000002000 2
[敗]石井一 [勝]杉山 

日産スタジアムへ出かけたついでに、多分に思いつきで、そのまま神宮へ。なので、日頃よりだいぶ早く(といっても、プレイボール30分前くらいだけど)着いたら、ラミレス1000本安打記念下敷きを貰えてしまった。たいてい、プレイボール間際か、プレイボール以降に球場入りするので、この手の配布物って、ほとんど貰えたことがない(^^;。

  20070512rami1k

試合は先発の一久の出来の悪さが目立った。5回までで被安打9。ひっきりなしにヒットを打たれていた。失点が3で済んだのが不思議なくらい。まあ、要所では踏ん張った、という言い方は、出来るのかも知れないが。
スワローズは阪神先発の杉山にぴたっと抑え込まれていたが、6回表に花田が好投すると、その裏、先頭の飯原ヒット、ガイエル死球の後、ラミレスがタイムリーでまず1点。慎也が倒れた後、宮出のタイムリーでもう1点。杉山を引きずり下ろす。でも、代わった橋本は打てず、追い付けない。
7回表は木田がボロボロのピッチングをしたが、なんとかしのいでその裏、ウィリアムズに対して、一死後、ツーベースとパスボールで青木が3塁に行く。続く飯原がいい当り。でも、これが鳥谷のファインプレーに遭って、ショートライナー。青木もゲッツーで、一瞬で同点機が消える。これでおしまいだったという感じ。8-9回と、遠藤がかなりいいピッチングをして望みをつないだけど、結局そのまま2-3で敗れた。

遠藤は、公式戦で初めて見た。オープン戦で見た時の印象が、あまりかんばしいものではなかったので、どうなんだろうな、と思っていたけど、1軍で定着してるだけのことはあるな、というピッチングだった気がする。
飯原、7回の併殺打は不運だったと思うよ。3塁守備も、今日はよくこなしていたと思う。厳しい打球を、よく処理していた。
今年のラミレスは、相変わらず、堅実に仕事をするね。
良かったことってえと、それくらいかなあ。

それにしても、最下位決戦で負け越しとは。このまま最下位を突っ走るんじゃないだろうなあ。

  20070512jinbod

  20070512yuhi

ちなみに、満員御礼だった模様。5回かな、スコアボードにお笑いっぽい映像が流れたら、それが満員御礼を告げるものだった。
満員御礼って、何年か前に、優勝を決めかけている中日との対戦で見て以来かな。まあ、今日も7割はタイガースファンの皆さんですが(^_^;。

|

« ナビスコ杯予選L第5節名古屋対鹿島 | トップページ | イースタンリーグ グッドウィル対ヤクルト(5/13) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/15057761

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対阪神(5/12):

« ナビスコ杯予選L第5節名古屋対鹿島 | トップページ | イースタンリーグ グッドウィル対ヤクルト(5/13) »