« J1リーグ第13節FC東京対名古屋 | トップページ | J1リーグ第13節川崎対大宮 »

交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/27)

2007.5.27 18:20 神宮
H 000010000 1
S 10001200X 4
[勝]館山 [S]高津 [敗]山村

神宮交流戦初戦。一昨年・去年と、やってたファンクラブでのピンバッヂ配布もなく、今年の交流戦は、イベントムードは全く無し。どうも、スワローズに限った話ではなさそうなので、チームの成績が壊滅的なこととは無関係と思う。いいのかな、これで。

試合自体は、1回裏に青木の先頭打者ホームランが飛び出し、先発館山は4回までパーフェクト。ただ、館山は多分にバックの美技に支えられた好投だったから、最後までは持たないなと思ってたし、早く追加点が欲しいとも思ってたが、チャンスは次々生まれるものの、拙攻の連続で点にならない。5回、館山は遂に柴原にヒットを許し、この回3被安打で1失点。同点。
しかし、この回、ソフトバンクは畳み掛けてこようとして、先発水田に代打を送ったので、5回裏は2番手山村に代わった。水田は立ち直りつつあったから、これは裏目だったかも。代打ブキャナンは凡退したし、スワローズは5回裏、山村に対して、四球二つに宮出のタイムリーで、また勝越し。
山村は6回も四球二つで降板。その後、星野から浩康がライトオーバーの3塁打を打って、4対1とした。
館山は力投を続けていたが、7回裏途中から降り出した雨が、試合のリズムを少し狂わせたかも。8回表、1死後、死球、浩康のエラー、慎也の野選で満塁の大ピンチ。しかし館山は踏ん張り、小久保を三ゴロゲッツーに仕留めた。最近の流れだと、ここでサードがエラーするとこだが、守備固めで、畠山が城石に代っていた。(珍しく(^_^;))ナイス古田。館山はこの回で降板。
最終回、高井がまず1死を取り、高津に交代。あっさりアダム三振に取るが、次の田上の二ゴロを浩康がまたエラー。またややこしい試合か?(-_-;) しかしその次の本間を遊ゴロに仕留めて逃げ切った。

チームの流れが悪いことが、よーく分る試合だった。好機を作っても点が取れない。つまんない所で守備のミス。今日は勝ったけど、この流れが続くかどうかは、かなり疑わしい。
ただ、今日は選手から気迫は伝わってきた。攻撃は水物としても、守備に関して、浩康の2失策以外は、手堅かったし、食らいついて行く美技も多かった。今日のところはそれで良しとするしかないか。

|

« J1リーグ第13節FC東京対名古屋 | トップページ | J1リーグ第13節川崎対大宮 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/15225440

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/27):

« J1リーグ第13節FC東京対名古屋 | トップページ | J1リーグ第13節川崎対大宮 »