« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(5/16) | トップページ | J1リーグ第12節大宮対横浜FC »

J1リーグ第11節神戸対大宮

2007.5.12(土) 14時  晴
観客 人 主審  副審 

 ヴィッセル神戸 0(0-0)0 大宮アルディージャ
          (0−0)
  
JSPORTSの録画中継の録画を見た。

当り前かも知れないけど、波戸の退場が結果を決めた試合だったと思う。
片岡が累積警告で不在で、ボランチには奥野。だいぶ以前、どっかで彼のことが蜃気楼(居るようで居ない(^^;)と形容されているのを見掛けて、言い得て妙だなと思ったんだけど、序盤の奥野はまさにそういう感じで、あぶなっかしくてしょうがない。中盤の底で抑えが利かず、神戸に一気にバックラインまで迫られる場面が何度か。ただ、時間が経つにつれ、大宮が攻勢に出る時間が増えてくると、そこはそれほど気にならなくなった。攻勢のポイントは、水曜の清水戦でも目立った、左サイドでの主税と波戸の連携。それと、その試合でゴールを決めて、気を良くしていると思われるエニウトンの動きの良さ。大宮は例によって、慎重な戦いぶりで前半に入って行ったから、ちょっと、中にもう一人FWが足りない、という感じはあるものの、それほど悪い感じではなかった。どこかのタイミングで攻勢を強めていけば、得点出来る可能性は充分感じられたと思う。

それをぶち壊したのが波戸。
そもそものきっかけが何だったのかは、画面からは見て取れなかったんだが、とにかく朴康造が倒れて試合が止まった所で、神戸の近藤が挑発して来て、それに乗った波戸が近藤に頭突きを食らわし、一発退場。
結果として大宮は、数的不利に陥って、後半も含めて攻撃的に仕掛ける時間帯を作ることが出来ず、最後まで守備的な引分け狙いの試合を強いられることになった。慶行の意表を突いたミドルと、終盤に交代で入った森田の惜しいシュートくらいしか、見るべき攻撃はなかったように思う。守備に関しては、よく頑張ったと思うけど。

波戸に関して、やや不運だったかなと思うのは、主審はその場面を自分の眼では見てないこと。副審(第四審も?)は見ていたようで、その報告によって退場になったわけだが、主審が自分の眼で見て判断していたら、事前の向こうの挑発行為も考慮に入って、もう少し両チームのダメージを均衡させるような判定も可能性があったかも知れない。実際、試合後にJリーグから出された裁定では、波戸は出場停止2試合だが、挑発した近藤にも注意、波戸の頭突きの後、彼を突き飛ばした(その結果、転倒した波戸は肩を脱臼して全治3週間)キム・テヨンに出場停止3試合の処分が下されている。試合中に、これに相当する判定が出ていればね。
ただ、波戸は大馬鹿野郎だと思うけどね。元々、すぐカッとなる奴だから、いかにもという感じの行為ではあるが。まあ、彼個人は相応の処分を受けてるから、報いを受けているとしても、チームが受けたダメージは取り返せるかな。この試合は勝てた可能性があったと思う、ってのと、しばらく、波戸不在で試合をしなきゃいけないってことの2点。元々SBが絶対的に不足してるチームだし、ここんとこ、波戸は左サイドからの攻撃によく絡んでいたからねえ。西村が出場停止だった影響で、この試合に右SBで出ていた田中が、結構いい感じだったのは、少し救いではあるけども。

|

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(5/16) | トップページ | J1リーグ第12節大宮対横浜FC »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/15123738

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第11節神戸対大宮:

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(5/16) | トップページ | J1リーグ第12節大宮対横浜FC »