« 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/27) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対グッドウィル(6/1) »

J1リーグ第13節川崎対大宮

2007.5.27(日) 15時 等々力陸上競技場 晴のち曇
観客 14033人 主審 家本政明 副審 廣嶋禎数、武田進

 川崎フロンターレ 1(0-0)1 大宮アルディージャ
           (1−1)
  
 得点 64分 川崎・大橋
    89分 大宮・若林

 川崎 川島(GK)、箕輪、寺田、伊藤、
    中村、落合(84分河村)、森、大橋(76分原田)、
    マギヌン、黒津、我那覇(89分鄭大世)
 大宮 荒谷(GK)、西村卓、レアンドロ、冨田、
    田中(83分田中)、斉藤(75分森田)、小林慶、
    片岡、吉原、エニウトン(66分橋本)、藤本

 警告 川崎 箕輪
    大宮 森田、藤本

見に行ってた。

  20070627tdrkboard

大宮はいつも通り、前半セーフティで後半勝負という感じだったのかなと思うが、川崎がそれに付き合ってくれちゃった(^_^;)。バンコク疲れだったのかねえ。大宮の策に嵌まっていたというんではなく、明らかに自分達で選択したスローペースだった。なので前半は双方ともチャンスらしいチャンスすら皆無の、凄まじい試合だった。有り体に言って時間の無駄(^_^;)。

後半に入ると、川崎がぼちぼちピッチを上げ始めた。そうすると大宮はもう付いて行けない。我那覇は全く当りがなかったが、左サイドからの黒津、トップ下での大橋とマギヌンの間で速いパスが回って、ゴールへ迫って来る。特に怖かったのは大橋で、やべえなあと思ってたら、64分にとうとうぶち込まれた。これもマギヌンとの連携だった。
以降もほとんど川崎ペースで試合は進む。大宮も、一人一人が頑張ってるのはよくわかるんだけど、ポジションが合ってなかったり、連携がバラバラだったり、単純に能力が及ばなかったりで、攻撃の糸口すら満足に作れない。しかもロバートがわけのわからん采配を繰り出すし。最初のエニウトンに代えてハヤトはともかく、斉藤に代えて森田、田中に代えて若林ってのは。代えられた2人は、この日の大宮では攻撃的には機能してる方の2人だった。これで、もう攻撃の形なんてなくて、前に放りこむしかないサッカーになったわけで、でもそれすら満足に出来ていたとは言い難かった。
んで、後半ロスタイム、可能性のなさそうなゴール前への放り込みが右サイドのハヤトへこぼれる。拾ったハヤトが中へ。若林が合わせるとゴールへ。川島反応したが及ばず同点。まさかねえ(^_^;)。そのまま引分け。

川崎は悔しいだろうけど、まあ自滅だね。最初からきっちりしたサッカーをやってれば、先制した後もしつこく点を取りに行ってれば、こんなことにはならなかったんでは。
大宮にとっては拾い物の勝ち点1。内容的には完敗だったわけで。広島でロスタイムに落としたものが返ってきた、くらいに思っておいた方がいいんじゃないかな。

  20070527aisatu

|

« 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/27) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対グッドウィル(6/1) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/15248925

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第13節川崎対大宮:

« 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/27) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対グッドウィル(6/1) »