« ナビスコ杯予選L第6節清水対大宮 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/27) »

J1リーグ第13節FC東京対名古屋

2007.5.26(土) 15時 味の素スタジアム 晴
観客 22679人 主審 東城穣 副審 佐藤秀明、原田昌彦

 FC東京 0(0-1)1 名古屋グランパスエイト
      (0−0)
  
 得点 32分 名古屋・ヨンセン

 東京 土肥(GK)、徳永、今野、藤山、鈴木、
    伊野波、福西(63分赤嶺)、梶山、
    リチェーリ(74分栗澤)、ルーカス、ワンチョペ(45分石川)
 名古屋 楢崎(GK)、大森、米山、吉田、阿部、
    藤田(86分吉村)、山口、金正友(75分竹内)、本田、
    ヨンセン、杉本(73分片山)

 警告 東京 なし
    名古屋 吉田、ヨンセン

見に行ってた。

  20070526board

名古屋は前節と同じ布陣。右SBの大森の出来が気にかかる、と思ったら、案の定、立上がりからボロいプレーを炸裂させていて、怖いのなんの。でも東京は、ここんとこ好調だし、外国人3トップで、ガンガン来るのかと思ったら、意外に来ない。右に大穴が開いていたのに。助かった(^_^;)
実を言えば左SB(? 今の布陣は4バックと言われてるけど、いまひとつ納得出来てない)の翔平も、かなり怖かったんだけど、今日の翔平は今まで見た中で最高の、素晴らしい出来だった。
安定したディフェンス、中盤でも優位を保ち、あとは点を取るだけ、だったんだけど、これがなかなか。ヨンセンがかなり楽に決められそうな場面を、少なくとも2つ決め損なったのを筆頭に、なかなか点が取れない。そうしてるうちにはカウンターを食らう場面もあるわけで…。ポストに一発、助けていただいた。
じれったい雰囲気で試合は進み、時間の進み方が遅くて(^_^;)。でも、30分を過ぎた所で、ヨンセンが遂に先制ゴールを決めた。つうか、この場面の方が、この前に決め損なった場面よりも、よっぽど決めにくそうに見えたんだが。難しくないとファイトが湧かんのだろうか(^_^;)。前半はそのまま、名古屋ペースで終わる。

後半、東京はワンチョペを下げて石川を入れ、中盤を厚めにしてきた。それで名古屋の中盤の優位性は失われてしまい、押し込まれる時間帯が増えた印象。後半は前半と一転して、東京が優位な試合だったと思う。怖い場面も多かった。でも、名古屋はよく踏ん張った。バックラインがよく耐えたし、前線、中盤も、よくサポートした。ツキもあった感じ。
カウンターからの得点機もあったし、それを決めてりゃ、もっと楽な試合だったなとは思うけど、ヨンセンは不発を払拭し切れず、杉本は後半早々に足がつって望み薄になり、杉本に代って入った片山のシュートはポストだし。厳しかったねえ。しかし何とか1点を守り切って勝利。

久々の味スタでの勝ちだったな。いつ以来だろう。

んで、翔平は見直した(^_^;)。このまま頑張って欲しい。

|

« ナビスコ杯予選L第6節清水対大宮 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/27) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/15214669

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第13節FC東京対名古屋:

« ナビスコ杯予選L第6節清水対大宮 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ソフトバンク(5/27) »