« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(6/20) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/23) »

交流戦 ヤクルト対西武(6/20)

2007.6.20 18:00 神宮
L 0010020003 6
S 0000000301 4
[敗]吉川 [勝]グラマン [H](S)ガイエル2(三井、小野寺)、(L)カブレラ(吉川)、栗山(高井)

夜は神宮へ。

  20070620jngboard

18時プレイボールだから早く帰れると思いきや、試合終了は今年神宮へ見に行った中で一番遅かったんじゃないかな(-_-;)。しかも無駄にくどい。
でも8回裏に0対3で負けてて、ランナー二人置いてガイエルが、打った瞬間にホームランと分かる、ライトへ高々と上がる飛球を打ち上げた時には、心底、感激した訳で…。まあ、しょうがないな。
ちなみにガイエルは、10回表に吉川がカブレラにツーランを浴びて、ついでに(古田が何のために出して来たのか分らない)高井が栗山に一発食らって、3点勝越された後の10回裏にも、ライトへホームランを打ち込んで、さらにくどい試合を演出しようとした…(^_^;)。
まあ、当分ガイエルの悪口は言わんことにする。あのスリーランは、当分忘れないだろうから。

全体としては、西武先発の岸にいいように抑え込まれて、完敗ペースの試合だったのが、6回に岸がアクシデント(浩康のバント処理の際に転倒して、軽く肩を痛めたらしい)で降板してからもつれ始めた。スワローズが攻撃の糸口を見つけて攻め始め、対して西武はコロコロ投手を替えて応戦し、ランナーが出る割に点が入らず、投手交代が多いんで、試合時間だけはダラダラ長くなっていく、最悪の展開。そういう間延びした中でのガイエルの一撃だったから感激も深かった、と思う。
それにしても、古田采配には相変わらず疑問が多い。結果的に何も起きなくて良かったとはいえ、代打で出した真中を、1イニングながらファーストで守らせたり(やったことあるのか? 経験があるにしても、牽制球の受け方とか、危なっかしくて見てられなかった)、10回裏の高井の登板とか。監督専念しても、これでは…。

  20070620jngend

|

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(6/20) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/23) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/15527476

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対西武(6/20):

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(6/20) | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/23) »