« J1リーグ第14節柏対大宮 | トップページ | 感想「身元不明者89号」 »

J1リーグ第14節名古屋対川崎

2007.6.9(土) 19時 豊田スタジアム 屋内
観客 21190人 主審 西村雄 副審 手塚、二俣

 名古屋グランパスエイト 2(1-1)2 川崎フロンターレ
              (1−1)
 
 得点 1分 名古屋・藤田(PK)
    22分 川崎・ジュニーニョ
    65分 名古屋・ヨンセン
    67分 川崎・鄭大世

NHKBSの生中継を見た。
客観的には、負けなくて良かった、なのかも知れないが、2回勝ち越したのに、結局勝ち切れなかったってのは、悔しいとしか言いようがない試合だったな。

川崎は、前節の大宮戦を見てるし、あの試合でのマギヌン・大橋・黒津の速い連携が強く印象に残っていたから、マギヌンの負傷リタイアはラッキーと思った。ジュニーニョが入ってるけど、ジュニーニョは連携っつーより、個人技の高さ(スピード、シュート力)が売りという印象だし、それなら何とか抑え込めるんじゃないかなあ、と。

甘かった(^^;。

最初の失点は翔平が、左サイドで森に振り切られて、入れられたクロスからだけど、ジュニーニョでなかったら、あそこまで絶妙なポイントで合わせて来られたかどうか。2点目の失点は、ジュニーニョに左サイドでマーヤが振り切られて、入れられたボールを鄭に合わされた(というか、大森のオウンゴールと思うんだが)。これも多分にジュニーニョのスピードが…。
まあ、失点の局面だけ見れば、組織で崩されたというより、個人技でやられた観はあるから、しょうがないか、という気はするものの、2点目なんか、マーヤのクロスから四千のゴールっていう、イカス得点で、名古屋が2点目を挙げた直後みたいな時間帯だったし、もう少しうまい試合運びはなかったもんかなあ、と思ってしまう。

まあ、楢崎のビッグセーブなんかが無ければ、負けてた試合ではあるが。CKの数なんか、川崎の方がずっと多くて、それだけ、こっちが押し込むより、向こうに押し込まれてた回数の方が多いってことだよな、とも思うんだけどね。

やっぱりもっと得点パターンが必要だと思う。3点目を取るために(^^;。序盤戦での正友や慶が2列目から飛び出してゴール、っていうパターンは、もう機能しなさそうだしねえ(システムも変ってるし)。そういう意味では、終盤に交代出場した直志の得点力に期待したい気分があるんだけど、どうだろうな。この日は(も?)、あんまりぱっとしなかったけど、一時期よりは良かったんじゃないかな。

トシヤはこれで99ゴール。今年は点が取れないんじゃないかと思ってたが、こういう取り方があったか(^^;。でも、100ゴールは、PKよりは流れで決めたいだろうけどなあ。この日も惜しい一発があったんだけどなあ。

あとは、本田の足の遅さが気になったな、と。こういう速いチーム相手の試合だと、どうしても気になる。やっぱりこれは、最終的には、彼が大成するための障害になって来るんじゃないかなあ。

|

« J1リーグ第14節柏対大宮 | トップページ | 感想「身元不明者89号」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/15402240

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第14節名古屋対川崎:

« J1リーグ第14節柏対大宮 | トップページ | 感想「身元不明者89号」 »