« J1リーグ第15節大宮対新潟 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(6/20) »

J1リーグ第15節G大阪対名古屋

2007.6.16(土) 16時 万博 晴
観客 20473人 主審 家本 副審 青木、犬飼

 ガンバ大阪 3(0-1)1 名古屋グランパスエイト
        (3−0)
  
 得点 7分 名古屋・増川
    63分 大阪・バレー
    75分 大阪・シジクレイ
    84分 大阪・バレー

 大阪 藤ケ谷(GK)、シジクレイ、山口、安田理(45分家長)、
    加地、遠藤、二川、明神、橋本、
    マグノ・アウベス(45分播戸)、バレー
 名古屋 楢崎(GK)、大森、増川、竹内、金正友、
    藤田(79分片山)、山口、本田(68分中村)、
    阿部、ヨンセン、杉本(75分吉村)

 警告 大阪 家長
    名古屋 なし

JSPORTSの中継録画を録画して見た。一応、16節の前には見終わってて、書いてあった感想。

全然情報を見ていなかったので、(スコアと増川がゴールを決めたというのは知ってたが)米山だけじゃなく、マーヤも居ない、代りに竹内というスタメンを見てびっくり。そりゃあ、負けるよと思ったけど、必ずしもそういう負け方じゃなかったなあ。チームの完成度の違いを感じた。中継の解説やメディアの戦評とかでは、後半のガンバの選手交代が機能したようなことを言っている向きが多いし、それはそれで間違ってはいないと思うけど、名古屋は前半から結構、いいようにやられていたよな。CKからの増川のゴールで先制して(これは凄かった。CKをヘディングで叩き込んで、一旦阻まれたのを、自分で突っ込んで行って、さらに押し込んだ。故障欠場期間中の鬱憤を晴らすような、ド迫力(^^;)、1-0でリードしたまま終えたとはいえ、ガンバの各選手の判断の速さや連携の確かさを見ていると、どう見てもあっちが格上だな、と思わずにはいられなかった。そうやって、決定機を幾度も作られつつも、名古屋はなんとか持ちこたえた感じだったけど、後半、とうとう決壊して3失点。まあ、あれだけ攻め続けられたら、そのうちやられるよ、という感じはした最初の失点。2点目はCKからで、3点目はすっかり守備が緩んでしまった所を、バレーの豪快ミドル。

どっちかというと、気になったのは、守備よりも攻撃。守備は、前半に鉄壁のディフェンスを見せた増川は特別としても、現時点でやれるだけのことはやってた、という気がするし、大森も、読みのいい守備は出来ていたかなと。だから、1点でも多く点を取っていれば、もうちょっと何とかなったんじゃ、と思うけど、やっぱり攻め手が薄いなあ。ヨンセンと杉本、以上、という感じ。ガンバが、バレー、マグノアウベスだけじゃなくて、二川、遠藤、橋本などなど、どんどん絡んで、いろんな攻め手を作って来るのを見てるとね。後半は、ハズレっぽかったマグノアウベスが外れて播戸が入り、さらに家長が絡んで来るんだから、そりゃあ、押し込まれるわけだ。
名古屋も、前半は攻勢に出る時間帯があったし、そういう時は、中盤の選手が絡んで、攻め手を厚く出来ているんだけど続かない。中盤の動きががくんと止まっちゃう時間帯があって、そうなると、こういう相手にはやられ放しになってしまう。その辺は、現時点でも、まだ改善出来ることがあるんじゃないか、という気がする。

それにしても、バレーの存在感が凄くて(^^;。いつの間にここまで凄い選手になった? バレーのことだから、この日はたまたま当りだっただけかもしらんけど、近頃、当りの日が増えているような気がする…。大宮は失敗したのか、大宮に放出されたことで、バレーは化けたのか、どっちなんだろうな。
ヨンセンも、中盤やディフェンスの手助けから解放してやって、バレーみたいに前でずっと勝負させておいてやれれば、もっと凄みが出て、ガンガン得点出来るのかなあ。

|

« J1リーグ第15節大宮対新潟 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(6/20) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/15527276

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第15節G大阪対名古屋:

« J1リーグ第15節大宮対新潟 | トップページ | イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(6/20) »