« J1リーグ第16節名古屋対清水 | トップページ | J1リーグ第16節磐田対大宮 »

J1リーグ第17節鹿島対名古屋

2007.6.24(日) 16時 カシマスタジアム 雨
観客 14317人 主審 松村 副審 山崎、唐木田

 鹿島アントラーズ 2(0-0)1 名古屋グランパスエイト
           (2−1)
  
 得点 65分 鹿島・増田
    70分 鹿島・マルキーニョス
    71分 名古屋・ヨンセン

 鹿島 曽ケ端(GK)、内田、岩政、大岩(75分ファボン)、
    新井場(79分石神)、野沢、本山、増田(73分船山)、
    青木、田代、マルキーニョス
 名古屋 楢崎(GK)、大森、米山、阿部、
    吉村、藤田、山口、本田(70分渡邊)、
    津田(71分中村)、ヨンセン、片山(70分杉本)

 警告 鹿島 野沢、内田
    名古屋 阿部

歴史が作られる所を見に行ったんだが…。

  20070624flag

  20070624seiretu

正友の不在や増川の故障で、元々面子的にはかなり厳しかったが、清水戦の酷い内容を受けて、さらに思い切ったスタメン。3バックが米山大森に翔平。ボランチは慶と吉村。3トップが四千の両サイドを津田と片山。特に3トップは、水曜良かったからって、いきなりこの二人の先発かよ、オイオイ、てなもんだったが、特に片山の、迷いなく前へ出て行く出して行くプレーは、存外効果的だった。片山起点で好機が何度も生まれ、かなり惜しい絶好機もあった。守っても、スカッと抜かれてゴール前に迫られる場面はあったものの、本当に危ない所まで持ち込まれたのはなかったんじゃないかな。前半は、名古屋優位と言ってもいいくらいの感じで0対0で折り返した。
後半立上がり、鹿島がゴール前に立続けに迫って来て、かなり危なかったが、シュートミスが続いて救われる。そのうち、後半も名古屋の好機が増えて来る。いいペースかも知れんと思った。勝てんまでも引分けくらいは期待出来るかなと。甘かった。
20分、名古屋が鹿島ゴール前に攻め込んで、クリアされた所から、鹿島のカウンターがかかる。左サイドを増田に突破され、そのままぶち込まれて先制を許す。
さらに5分後、鹿島のCKから繋がれて押し込まれて0対2。もの凄く既視感のある展開。
それでも直後、ヨンセンが左(交代直後の杉本)からのクロスに、曽ケ端と絡みながら合わせて1点取ったから、まだまだという気分になったんだが、好機は作っても決め切れない。結局追い付けないまま終了…。

内容的には清水戦より全然マシだったし、好機の数だけ言えば、名古屋が鹿島を上回っていたかも知らん(シュート数は17対13で名古屋の方が多い)。それでも何で勝てない? ゴールへ押し込もうとする執念の差とでも言うしかないんかな。2点目のセットプレーの流れからやられちまう所なんか、毎度のことながら、名古屋の詰めの甘さを感じないわけにはいかなかった。でもねえ。もう少し、名古屋に運というものがあってもいいと思うんだが。
ただ、後半の最後の最後の攻撃の、迫力の無さを見ていて、このチームらしい淡白さだよなとは、やっぱり思った。大宮が土壇場で追い付いたり勝越したりするのを、今年、目の当たりにしているからねえ。

降格圏もだいぶ近付いてきちまったなあ。

|

« J1リーグ第16節名古屋対清水 | トップページ | J1リーグ第16節磐田対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/15560627

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第17節鹿島対名古屋:

« J1リーグ第16節名古屋対清水 | トップページ | J1リーグ第16節磐田対大宮 »