« J1リーグ第18節大宮対G大阪 | トップページ | JFL後期第2節横河対高崎 »

J1リーグ第18節名古屋対甲府

2007.6.30(土) 13時 瑞穂陸上競技場 晴
観客 10264人 主審 長田和久 副審 安元利充、中原美智雄

 名古屋グランパスエイト 1(1-0)1 ヴァンフォーレ甲府
              (0−1)
  
 得点 29分 名古屋・ヨンセン
    68分 甲府・須藤

 名古屋 楢崎(GK)、大森、米山、阿部、渡邊(61分竹内)、
    藤田、吉村、山口、本田(73分片山)、
    ヨンセン、杉本(80分津田)
 甲府 鶴田(GK)、秋本、山本、池端(83分増嶋)、杉山、
    井上、石原、藤田、須藤、
    大西(81分久野)、国吉(55分鈴木)

 警告 名古屋 杉本、吉村、山口
    甲府 秋本、池端

JSPORTS録画中継の録画を見た。

ここまでもったいない試合を見たのは久しぶりのような気がする。決定的な場面が、いったいいくつあったんだ? それを、一発を除いて、ことごとく決め損なう。開始早々、トシヤから決定的な形で貰ったパスを、本田がシュートをミスって決め損なったことが、試合のムードを決めちゃった感じ。トシヤも、あそこは強引にでも行って欲しかったな。今の本田は運気が低迷してるから、決められるもんも決められないよ(後半にも一発、決定的なシュートがポスト)。まあ、その後、トシヤが自分で打った決定的なシュート3-4本も、ことごとく防がれてしまったが。空気読めよ>甲府(^^;。特にDFがゴールライン上でクリアしたループシュートは…。

それでも、渡邊圭二のセンタリングからヨンセンが押し込んだし、結構、1点入っちゃうと、その後はぽんぽん点が入り始めたりするもんだけど、流れは変わらず。そのうち名古屋の動きが鈍り始め、甲府にペースを握られる時間帯が出て来た所でCKから須藤に押し込まれた。典型的なもったいない試合。負けなかっただけ良かったけど。終盤の須藤のゴールが、オフサイドで助かったよ。

まあ、最初から甲府に、簡単にゴール前にクロスを入れさせ過ぎてた感はあったけど。はずみで、クロスからヘッド一発とかで、点を取られちゃいそうな雰囲気は頭からあった。なのに失点が、CKからのあんな泥臭い点てのも、わかんないもんだな、というか、もったいない感を増幅してるというか。
この日の甲府は、名古屋のプレスが効いてた面もあったのかもしらんけど、ミスが多かったし、それに乗じて、名古屋優勢の時間帯をあれだけ長く作れていたのにねえ。本当にもったいない。

結果論だけど、それこそ片山と津田を先発させて、頭からがしがし行った方が良かったのかも知れないな。そもそも個人的には、少なくとも今は、本田よりも片山の方が、個人的には期待値が高かったりするしねえ。

大森に、結構アグレッシブなプレーが目立ったのは、ちょっとびっくりだった(^^;。

|

« J1リーグ第18節大宮対G大阪 | トップページ | JFL後期第2節横河対高崎 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/15678548

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第18節名古屋対甲府:

« J1リーグ第18節大宮対G大阪 | トップページ | JFL後期第2節横河対高崎 »