« 感想「水滸伝」9 | トップページ | 感想「泥棒は深夜に徘徊する」 »

感想「水滸伝」10

「水滸伝」10 北方謙三 集英社文庫
全19巻、ようやく半ば。
だいたい9巻の後で思った方向で進んでる感じ。それはいいんだけど、何となく事務的に人の出し入れをし始めたような所もあって、ちょっと気になる。出て来たばっかりみたいな人物が、早々に戦死してしまったり。主要な人物だけで108人も居るはずだから、そうそう全員に目配りも出来んだろうというのは分るんだけど。
あんまり志と関係なさそうな人物が目立ってきたのも、各々を差別化しようとしてるのが理由かな。
でも呼延灼については、うまく処理した、という感じ。ここまで大物だと、さすがにこれくらいきっちりやらないと説得力がないだろう。その辺はちゃんと心得ている>北方。まあ、その分、割を食う登場人物も居るわけだが。
(2007.8.7読了)

|

« 感想「水滸伝」9 | トップページ | 感想「泥棒は深夜に徘徊する」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16111779

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「水滸伝」10:

« 感想「水滸伝」9 | トップページ | 感想「泥棒は深夜に徘徊する」 »