« 感想「日本廻国記 一宮巡歴」 | トップページ | 感想「水滸伝」10 »

感想「水滸伝」9

「水滸伝」9 北方謙三 集英社文庫
なんとなく安定してきたみたい。戦闘がぽつりぽつりとあって、何人か死んで、新しいキャラがまた何人か入って、というサイクル。こういうペースでしばらく続くんだろうか。まあ、安定してて、楽に読めると言えなくもない。それなりに面白くもあるし。
林冲のエピソードは巻をまたいで気を持たせた割りには小粒だったな。
鄧飛は最初から最後まで、少し気の毒な役回りだった気がする。
馳星周の解説が素晴らしい。北方謙三と水滸伝について、自分が感じてる通りのことを書いてくれてるように思った。
(2007.8.4読了)

|

« 感想「日本廻国記 一宮巡歴」 | トップページ | 感想「水滸伝」10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16111764

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「水滸伝」9:

« 感想「日本廻国記 一宮巡歴」 | トップページ | 感想「水滸伝」10 »