« J1リーグ第20節新潟対名古屋 | トップページ | J1リーグ第21節大宮対鹿島 »

J1リーグ第20節大宮対神戸

2007.8.15(水) 19時 駒場スタジアム 晴
観客 6440人 主審 鍋島將起 副審 山崎、犬飼

 大宮アルディージャ 1(1-1)3 ヴィッセル神戸
            (0−2)

 得点 20分 大宮・吉原
    30分 神戸・レアンドロ
    73分 神戸・レアンドロ
    88分 神戸・大久保(PK)

JSPORTSの録画中継の録画しといたのを見た。

序盤の大宮は、デニス・マルケスを軸にして、いい感じでボールがつながっていて、半ばにデニス・マルケスのスルーパスから、コータが鮮やかなループシュートを決める。
しかし次第に押され始める。どうも前でうまくボールをつなげない。デニス・マルケスが、前節同様、次第に影が薄くなり、大悟は結構いい動きをしてるんだが、片岡が消えてる感じなのと、主税にミスが多い。それじゃあ、組立ては出来んわな。神戸が優勢な展開の中で、CKからレアンドロに決められ同点。前半は1-1。

それでも後半に入ると、また大宮ペースの試合運びになった。神戸の守りが堅く、シュートまではうまく持ってけないんだけど、CKやFKで攻める場面が続いた。でも、得点出来ない。というか、あれは神戸の作戦か? 攻めさせておいて、守備を固めてカウンターという。この後の神戸の展開を見ると、そんな感じもする。
73分、大宮がやや押し込んだ状態から、中盤で主税のボールを受けた波戸がトラップミス。詰めて来た、交代出場したばかりで意欲充分の田中(だと思う)にボールをかっぱらわれて、大久保→レアンドロとつながれて失点。かなりバカみたいな、ミスからの失点。
さらに88分にも、神戸が後方からシンプルに縦に繋いで、ゴール前で田中がボールを受け、ゴールへ向おうとする所を、雅人が止めようとしたが、うまく身体を入れて倒れられてPK。大久保に決められて1-3。そのまま敗戦。

全体としては優勢な試合に見えたから、この結果はもったいない。もっとも、決定的なシュートがそんなにあったわけでもないので、惜しいというのとは、ちょっと違う気がする。まあ、引分けに出来た試合じゃないかなあ、という程度。
この2試合、点は取れてるとはいえ、相手を上回る点は取れてないわけで、それじゃあ、あんまりチームが変ったとは言えないよな。まあ、新外国人FW待ちなんだろうね。それがハズレだったら…(^^;。

|

« J1リーグ第20節新潟対名古屋 | トップページ | J1リーグ第21節大宮対鹿島 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16172253

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第20節大宮対神戸:

« J1リーグ第20節新潟対名古屋 | トップページ | J1リーグ第21節大宮対鹿島 »