« J1リーグ第19節広島対名古屋 | トップページ | J1リーグ第20節大宮対神戸 »

J1リーグ第20節新潟対名古屋

2007.8.15(水) 19時 東北電力ビッグスワンスタジアム 晴
観客 42015人 主審 柏原丈二 副審 山口博司、柴田正利

 アルビレックス新潟 4(2-0)0 名古屋グランパスエイト
            (2−0)

 得点 11分 新潟・本間
    34分 新潟・矢野
    48分 新潟・エジミウソン
    79分 新潟・エジミウソン

 新潟 北野(GK)、千代反田、永田、内田、松尾(68分シルビーニョ)
    千葉、坂本(78分松下)、本間(84分寺川)、
    マルシオ・リシャルデス、エジミウソン、矢野
 名古屋 楢崎(GK)、米山、吉田、阿部、金正友、
    藤田、山口、本田、片山(45分増川)、
    ヨンセン(57分渡邊)、津田(45分杉本)

 警告 新潟 なし
    名古屋 藤田

見に行ってた。

立上がりは、そんなに悪くないかなと思ったんだけど。5分くらいは。でも、すぐに押され始めた。試合日程の差による疲労の影響とか、新潟のホームでの異様なアグレッシブさとか、理由は色々付くんだろうけど、前半の名古屋は、新潟相手に何も出来なかった。相手の意欲とスピードが分ってないのか、分ってても身体が動かないのか、どっちかは分からんけど、ルーズボールは取られまくり、競り合いには負けまくり。
んで、11分に、本田の中途半端なクリアボールを起点にされて失点。34分には縦パスを拾った矢野に力づくの突破を許し、DF2人が振り切られて失点。ここまで情けない失点は、近頃、あんまり記憶にないな。
ただ、後半、選手を入れ替え、システムを大きくいじって、前半の352(それとも343だったのか?)を442にしたら、バランスが良くなって、主導権を握れそうな気配が出て来た。行けるかも、と思った矢先、後半最初の新潟の攻撃で、クリアボールを拾われ、エジミウソンにぶち込まれる。
それでも以降も、名古屋優位で攻め続けたが、ゴールを奪えないまま、12分にヨンセンが負傷で交代。さらに30分には交代枠を使い果たした状態で金正友が痛んで退場し、10人になってしまう。これで万事休し、さらにエジミウソンに1点取られて、0対4の大敗。

あまりにも酷い負け試合。最終の新幹線の時間が気になっていたから、後半40分過ぎた所で、心置きなく引き上げられたのは良かったが……そういう問題じゃない(-_-;)。
結果は伴わなかったにしても、後半はそこそこの試合が出来ていたことを考えると、布陣の失敗ということになるんだろうが、直接的には本田、阿部の左サイドの崩壊が最大の敗因だったと思う。ただ阿部は、広島戦でも、かなりいっぱいいっぱい感を醸し出していたし、この日は本田の動きが悪くてサポートされないことで、限界を越えちゃってた気がする。結局、本田が全然動けてなかったことに尽きると思うんだが、それを事前にセフが見抜くのは難しかっただろうなあと思うし(見抜いたとしても、外せる選手でもないが)、そうなると、まあこういう試合もあるさ、とも思うしかないのか…。

それにしても、ヨンセンと正友の全治4週間は痛い。とんでもない厄日だったなあ。

  20070815ahiru

|

« J1リーグ第19節広島対名古屋 | トップページ | J1リーグ第20節大宮対神戸 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16151097

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第20節新潟対名古屋:

« J1リーグ第19節広島対名古屋 | トップページ | J1リーグ第20節大宮対神戸 »