« J1リーグ第20節大宮対神戸 | トップページ | J1リーグ第21節名古屋対横浜M »

J1リーグ第21節大宮対鹿島

2007.8.19(日) 18時 熊谷 曇のち雨
観客 人 主審 高山啓義 副審 

 大宮アルディージャ 1(1-1)2 鹿島アントラーズ
            (0−1)

 得点 27分 大宮・デニス・マルケス(PK)
    32分 鹿島・マルキーニョス
    89分 鹿島・増田
 
日本最高気温の地へ(^_^;)、見に行ってた。もっとも、段々曇ってきたので、蒸してはいてもそこまで暑くはなかった。むしろ、試合開始直後から稲光がビカビカし始め、悪天候で中断になったりしねえだろうな、と、そっちが心配になった。

リーグ戦再開後、初めて生で見る大宮だったが、試合はこのカードのいつも通りの展開。立上がりから鹿島が一方的に攻める(^_^;)。大宮は何も出来ずにいたんだけど、鹿島がなかなか決め切れずにいるうち、前半の半ば、左サイドにフリーで抜け出した佐伯にボールが渡り、この試合初めて、ゴール前にまともなクロスが入ると、デニス・マルケスが飛び込んで、合わせきれなかったものの、DF(小笠原だったみたい)との交錯をPKに取って貰った。自分で蹴って決めて、びっくり、大宮が先制(^_^;)。
でも、5分後、右サイドからさっくり崩され、マルキーニョスに同点ゴールを許す。その後も鹿島に攻め続けられるが、追い付いて安心したのか、鹿島のフィニッシュがまた雑になり、なんとか同点のまま前半終了。

後半が始まったあたりから、とうとう雨がぱらつき始め、次第に土砂降り。雷は相変わらず鳴ってたが、本当に近くまでは来なかったんで、結局、中断するようなことはなかった。ただ、なんとなく落ち着かない雰囲気はピッチに漂っていて、そういう中で、57分に小笠原が、大宮の右サイドからの突破(田中じゃなかったかな)をファールで止めて警告。これが2回目の警告で退場。大宮が優位な立場に立った。
と思ったんだけど、なぜか鹿島優位は変わらない。むしろ、危機感で集中力が上ったのか、攻撃に鋭さが増してきた。大宮のゴールをシュートが襲う襲う。でも決め切れないんだな。一方で大宮も、さすがに数的優位にある分、ゴールに迫る回数自体は増えていたが、こちらも決め手がない。後半半ばには新外国人FW・ペドロ・ジュニオールも登場したが不発。
これは引分けだな、まあ、しゃあないよな、と思ったんだけど、後半ロスタイム、大宮が鹿島ゴール前に攻め込んだ所から鹿島がカウンター。ロングボールが左サイドできっちりつながり、ゴール前へクロス。増田が合わせてゴール。毎度お馴染み、89分の決勝ゴールで大宮敗戦。

鹿島って、大宮とやる時は、どうして毎度、素晴らしい試合をするんだろう(^_^;)。決勝点のカウンター攻撃は、見事だったなあ。名古屋戦だと(勝敗はともかく)必ずしもいい試合をしてるわけではないんだけどねえ。相性がいんだろうな。まあ、チームのスタイルが、みたいなのは、考えられるんだけども。
大宮は、選手起用や交代を見ていると、迷走の気配が強まっているような気がする。佐久間新監督は、就任までに充分時間がなかったのは分かってるが、チームの外に居た人物じゃないんだし(だからこそ、彼が就任したわけだし)、もう少しチームのことが分かっていても良さそうなもんだ。
そういやあ、新加入の平野は、今日はベンチにも入ってなかったんだが、また故障か?

ただ、こういう泥沼気配のチームに、次節対戦の名古屋は弱そうな気がするなあ、ってのも気がかりで(^_^;)。前半戦でもそうだったんだよなあ。

  20070819kumagaya

  20070819board

  20070819kobaton

|

« J1リーグ第20節大宮対神戸 | トップページ | J1リーグ第21節名古屋対横浜M »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16172616

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第21節大宮対鹿島:

« J1リーグ第20節大宮対神戸 | トップページ | J1リーグ第21節名古屋対横浜M »