« J1リーグ第21節大宮対鹿島 | トップページ | J1リーグ第22節名古屋対大宮 »

J1リーグ第21節名古屋対横浜M

2007.8.18(土) 19時 瑞穂陸上 
観客 人 主審  副審 

 名古屋グランパスエイト 0(0-0)3 横浜F・マリノス
              (0−3)

JSPORTSの録画中継の録画を見た。

立上がりは、俺らはどうやったら点が取れるか知ってるぜ、と言わんばかりの、横浜の効果的な攻撃に守備陣が振り回されて、まあ、これじゃ惨敗もしかたねえなと思ったが、何とか凌いでるうちに、横浜が攻め疲れたか、名古屋が前にフィード出来るようになり始めた。そうなってみると、巻が意外に効果的なポストプレーをこなし、ここを起点に決定機もいくつか生まれたし、前半の半ば以降は名古屋ペースだったと言ってもよいのでは。ただ、決定力が…。トシヤはずっと、惜しいシュートを紙一重で外し続けているよなあ。昔はあれが入ってたんだよなあ。なんだか、近頃、トシヤの外しっぷりを見てると岡山を思い出す。
んで、前半の後半、増川が痛んでマーヤに代る。これで少し勢いを削がれた感はあったけど、あんな最終スコアになるとは思えないような雰囲気で前半は終る。

結局、横浜が攻め切れなかったのは、駒が一つ足りてなかったということなんだろう。ハーフタイムに横浜が、吉田を外して清水を入れて、そこんとこに手を入れたら、これが大的中。後半頭から、前半頭以上の横浜の猛攻。で、今度は耐え切れなかった。最初の失点にしても、2点目のオウンゴールにしても、ゴールシーン自体は、もっとしっかりクリアしてりゃよう、みたいな感じだったけど、あれだけ押し込まれてたら、そのうち失点するわな。
一旦失点してしまうと、あとはズルズル。オマケの3点目も食らって惨敗。

後半の名古屋はまるで見所がなく、で、暴動になったわけだな。まあ、前節の新潟を見てるから、あれを見て、これだったら、と思うと分からんでもないけどなあ、とは思う。しかもホームではずっと勝ってないものな。ホームしか見てない人間は、ストレス溜まりまくりだろう。
しかも、途中出場の玉田は相変わらずだった…。太った?と思ったら、筋トレの成果だったみたいだが、芸風は変わらんみたいだね。うん、俺なら彼だけでも暴動に値したかも知れん(^_^;)。
試合全体としては、前半は頑張ってた直志とか、前半は思いの他、使えそうだった巻とか、悪くない材料も、ないではなかったとは思うんだが…。

|

« J1リーグ第21節大宮対鹿島 | トップページ | J1リーグ第22節名古屋対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16228117

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第21節名古屋対横浜M:

« J1リーグ第21節大宮対鹿島 | トップページ | J1リーグ第22節名古屋対大宮 »