« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(8/5) | トップページ | 感想「日本廻国記 一宮巡歴」 »

感想「サンキュー、ジーヴス」

「サンキュー、ジーヴス」 P・G・ウッドハウス 国書刊行会
これがジーヴスものの長篇第1作らしい。確かにウッドハウスの意気込みが感じられる傑作と思った。コミカルな場面が切れ目なく続き、出し惜しみ無し。ギャグのひとつひとつは古典的なものだけども、組み合わせとタイミングが鮮やかなので、それで充分、面白いし、笑える。コメディの本質って、そういうものなんじゃないかと思っている。新奇性は、コメディには本来、必要のないものなんじゃないんだろうか。

それにしても、毎度のことながら、バーティーが哀れだ(^^;。
(2007.7.20読了)

|

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(8/5) | トップページ | 感想「日本廻国記 一宮巡歴」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16103975

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「サンキュー、ジーヴス」:

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(8/5) | トップページ | 感想「日本廻国記 一宮巡歴」 »