« J1リーグ第25節大宮対磐田 | トップページ | J1リーグ第25節名古屋対鹿島 »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/16)

2007.9.16 13:00 戸田
G 000010203 6
S 000000013 4
[負]高市 [勝]栂野 

2時前くらいに戸田に到着したが、昨日に引き続いて速い試合で、もう4回が終わってて0-0。それはともかく、なんだ、この人の多さは(^^;。巨人戦、休日、優勝争いの効果か。

スワローズは高市が投げてたが、4回くらいから怪しくなってたみたい。5回、先頭の実松にヒットを打たれて、何とか2死までこぎつけたけど、寺内にレフト線ツーベースを打たれて先制を許した。
6回は河端。復活していたのか。でも、先頭の亀井にツーベース。2死後、円谷に四球を出したとこで、遠藤が救援。ここは遠藤が凌いで0点。
7回は遠藤が続投。四球で出した松本が、寺内のレフトオーバーの当りにエラーも絡んで、生還。さらにリリーフした田中充が亀井にタイムリーを浴びて0-3。

打線は5回から7回までは、栂野に全く付け入る隙がない感じだったが、8回表を伊藤が0点に抑えた後のその裏、ヒットで出た米野を、代打衣川がタイムリーでようやく1点返し、さらに上田ヒットで1死1-3塁としたが、梶本・代打公誠が凡退で追加点が入らない。

9回表は高井で、とんとんと2死を取ったが、そこからヒットと四球で1-2塁。そこでバッテリーエラー2連発で失点。記録がどうなってるか知らないけど(パスボールとワイルドピッチかな)、どっちも米野がちゃんと抑えてやらないといけないボールだったように見えた…。これで切れちゃった感のある高井は3連打を食らって結局3失点。

9回裏、巨人3番手の越智に対して、畠山ヒット、野口四球で無死1-2塁で、牧谷がライト線へツーベースで2-6。さらに米野が汚名挽回?の右中間ツーベースで4-6。しかし、大原・衣川・上田と凡退し、結局追い付けないまま終了。

9回表の3失点が、いかにももったいない。まあ、3失点しなければ、9回裏に3点は取れなかったかも知れないとしても。
試合時間は終わってみれば、3時間ちょうどくらいだった。終盤にもつれたからね。
これで、湘南に代わって、巨人が優勝にちょっと近付いたのかな。

ちなみに、これが今季イースタン観戦ラストの可能性が高いが、そうなると健さんはこれが見納めかなあ。9回裏、上田がつないでいれば、次の梶本の所で代打でスタンバイしていたんだが。

  20070916kaisi
  20070916ryu
  20070916ken
  20070916end_2

|

« J1リーグ第25節大宮対磐田 | トップページ | J1リーグ第25節名古屋対鹿島 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16467423

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/16):

« J1リーグ第25節大宮対磐田 | トップページ | J1リーグ第25節名古屋対鹿島 »