« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(8/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対グッドウィル(9/1) »

J1リーグ第23節大宮対柏

2007.8.29(水) 19時 駒場スタジアム 
観客 人 主審  副審 

 大宮アルディージャ 1(1-1)1 柏レイソル 
            (0−0)

テレビ埼玉生中継を録画しといて見た。

大宮は大幅なメンバー変更。当り前だが…。
主税の出場停止に伴って左サイドにハヤト。名古屋戦は1トップでデニス・マルケスだったのが、デニス・マルケスと森田の2トップで、大悟はスタメンから外れた。さらにボランチは雅人に代えて片岡、右サイドバックは田中に代えて西村卓。

出出しから大宮がいい出足のサッカーを見せる。ルーズボールをよく拾い、つないで相手ゴール前へ積極的に迫る。柏のかなりえげつない、身体を当ててくるディフェンスに遭って、決定的なシュートは、なかなか打たせて貰えなかったが、主導権は握っていた。
が、柏がカウンターから、ワンチャンスで先制する。多分、柏がこの試合、初めて大宮ゴール前に迫った場面。前節の名古屋戦も、最初に失点するまでは、むしろやや大宮優勢かとも思えた展開だったのが、失点後に一気にガタガタになったから、これは大宮にとっては、嫌な失点だったはず。

それでも、この試合では大宮は主導権を握り続けることが出来た。ありていに言って、この日の柏は、ボール処理が下手過ぎ。トラップは大きいし、パスはずれる。しかも、フランサが居ない影響があったのか、ボール回しも単調で、大宮がボールを奪える隙がありまくり。大宮の選手の入替が奏功した面もあったと思う。やたらとタメを作りたがる主税に代わるハヤトと、コータの、スピードのある両サイドの攻撃的な動きが効果的だったし、中央では森田がマークを引きつけることで、デニス・マルケスがかなり自由に動けていた。デニス・マルケスは、柏のえぐい当りと、それをファールに取らない(もしくは逆にファールを取る)主審のレフェリングに苦しんではいたものの、清水戦・神戸戦に近い動きが出来ていたと思う。
そして、ハヤトのポストに当たるミドルなんかもあった後、デニス・マルケスの右サイドからのミドルレンジのシュートが決まって、同点に追いつく。
その後も大宮が押し気味に試合を進めたが、勝ち越せないまま前半終了。

後半も、前半の流れの延長で、大宮に勢いがある状態で試合は進んだが、追加点はなかなか奪えない。森田が、流れの中から決め切る決定力に欠けた面はあり、そのためのペドロ・ジュニオール獲得だったんじゃないのか、とも思った。どこかのタイミングでの交代は、当然考えられていただろうと思うが、その前にアクシデントが起きる。片岡が、立て続けにファール二つを犯し、それぞれに警告が出て退場。
数的不利になってまで、優位を維持出来るほどには、大宮も柏を圧倒していたわけではなく、それ以降は押される展開になってしまう。
それでも終盤にハヤトに代わって入った平野が、精力的に動いて、ゴール前で好機に絡んだりもしたが、追加点は成らない。最後の最後には、柏のドゥンビアのスピードにディフェンスが振り回されて、あわやという場面も作られたが、何とか凌ぎ、結局1-1で終わった。

片岡の退場がなければ、勝てていたかも知れない試合だった。片岡はちょっとウカツ過ぎるファールだったと思う。それにしても、チームは前節の惨敗からよく立ち直ったな。選手を入れ替えたことで、出番に恵まれていなかった選手のアグレッシブさをうまく引き出した感はある。これを持続出来ればいいけどね。
柏も、大宮に相性が悪いという背景はあるにしても、相変わらず、上位に居るチームとは思えない低調な内容。ちゃんと動けるチームであれば、カウンターさえケアしてしまえば、柏は大して怖いチームじゃないと思うんだが。

|

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(8/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対グッドウィル(9/1) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16300905

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第23節大宮対柏:

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(8/30) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対グッドウィル(9/1) »