« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/16) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(9/19) »

J1リーグ第25節名古屋対鹿島

2007.9.15(土) 19時 瑞穂陸上競技場
観客 人 主審  副審 

 名古屋グランパスエイト 3(2-0)0 鹿島アントラーズ 
              (1−0)

 得点 名古屋・本田
    名古屋・本田
    名古屋・玉田

JSPORTSの録画中継を録画して、一週間遅れで見たもの。

トップにうまくボールが入らず点が取れそうもない時は、2列目が積極的に得点に絡んでいかないと、っていうのは、分かっちゃいるんだろうけど、なかなかうまく行くもんでもないが、この試合はそれがうまくはまった、という感じだったな。前半の本田の2ゴール。1点目はミドルレンジから積極的に打って行ったシュート。見てた俺も意表を突かれた(^^;。2点目は杉本が右サイドを崩してゴール前へ入れたボールを、左サイドからゴール前へ入って合わせて行ったもの。簡単なシュートだった、的なことを試合後のインタビューでは言ってたが、あれをボレーで吹かさず枠に飛ばすのは、それなりに技術が要ったんじゃないかな。まあ、本田っぽい言い方かも。

全体的には鹿島の方が押し気味な試合だったと思うけど、代表に行ってはいたものの、直前の試合は出番がなくて休養充分だった本田が、気力・体力申し分なく、張り切ったら、こういう結果になった、という感じ。本田がいつも、あれくらいやれれば、チームの成績も、もうちっと安定するはずなんだが。

他には直志も、得点にはならなかったけど、いい感じでシュートを打ってたと思う。本田に引きずられたかな。

押され気味とはいえ、高い位置で鹿島の攻撃を潰すことは、結構出来ていたとは思うけど、サイドに入り込まれて、ゴール前へきっちりクロスを入れられた場面も度々あったから、当りのあるFWが鹿島に居たら、無失点では済まなかったんじゃないかな。バレーや播戸みたいなねえ。あるいは大久保なのか? それはまだ見てないから分からない…。ゴール前での競り合いでは、DF陣がよく頑張ってはいたけどね。

楢崎の好セーブ連発は、デフォルト(^^;。

名古屋が2点先行したことで、鹿島に焦りが出て、思うように試合を運べなくなった感じ。んで、その流れから後半に曽ヶ端が大チョンボして、玉田に 3点目のナイスアシストをしてくれたわけだ。まあ、玉田もあの長さを、うまくきっちり枠に飛ばしたよな。基本的には巧い選手なんだよな、というのは、ここ数試合で再認識はしてます(^^;。

スコアほど爆勝な内容じゃなかったな、とは思う。そういう意味では、直後の試合で(しかも対戦相手は天敵)大敗しても、それほど怪しむことはないのかも知れないが…。
(2007.9.23)

|

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/16) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(9/19) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16618936

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第25節名古屋対鹿島:

« イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/16) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(9/19) »