« イースタンリーグ ヤクルト対湘南(9/15) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/16) »

J1リーグ第25節大宮対磐田

2007.9.15(土) 19時 駒場スタジアム 
観客 人 主審  副審 

 大宮アルディージャ 0(0-0)2 ジュビロ磐田 
            (0−2)

 得点 磐田・上田
    磐田・太田

見に行っていた。これに行くもんで、戸田が長引いたらやばいなあ、と思っていたわけで。

前半の前半は、浦和戦に出られなかった主税の張り切りぶりが目立って、左サイドを抜いてゴール前にいいクロスを上げて来ていたが、デニス・マルケス、森田の2トップが決め切れない。他にも西村が右サイドを抜いてクロスを入れて来るなど、流れからの得点機は大宮の方が作っていて、大宮に分があったと思う。磐田はミスは多いし、思想も感じられない試合運びで、押し込んでCKは奪うけれども、点が取れそうな気がしなかった。ただ、大宮も前半の後半になると息切れしてきたみたいで、ミスの応酬のヒドイ試合になり始めた。
後半半ば、そこまでよく機能していた大宮のラインディフェンスが崩れ始め、そこを磐田に力づくで押し込まれて失点。以降は磐田ペース。それでも、攻勢に出た磐田のバックラインの裏に隙が見えていたし、そこへ走り込めるFWが居れば、大宮にも得点機がありそうに見えたんだけど、前半動き過ぎて? 動きが止まった2トップを一向に変えないし、桜井をハヤトに代えて投入したと思えば、中途半端なポジショニングを取らせたり、わけがわからん采配。そうこうしてるうちに、太田にバックラインの裏へ抜け出され、2点目を決められる。残り5分を切った所でコータを投入したりしたけど、どう見ても手遅れで完敗。

磐田が死んでた前半の前半のうちに点が取れなかった時点で、大宮の勝ち目はかなり薄くなっていた気がする。その先は、監督の采配の問題だと思う。前節のヒーロー・森田を引っぱり過ぎ。彼を普通のFWと思ってしまったんでは(^^;。デニス・マルケスの使い方も間違ってると思うわけで。彼はここまで見る限り、ストライカーとしてじゃなく、チャンスメーカーとしての方がはるかに有能だし、彼を生かすにはコータみたいなタイプのFWが居なくちゃ。
ピム・三浦時代を思わせる、キレイな3ラインの布陣を作って、それで相手の攻勢をうやむやに削ぐことは出来ても、攻撃を構築出来ないんなら、ロバートと大きな違いはない。しかも、今までずっとチームを見て来た人物(それが彼の最大のアドバンテージのはずだ)とは思えない、謎めいた選手起用が多過ぎる。やっぱ、この監督じゃ駄目なのでは。もっとも、今さら監督を見直す時間的余裕はないだろうが…。

  20070915board
  20070915aisatu
  20070915owari

|

« イースタンリーグ ヤクルト対湘南(9/15) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/16) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/16467354

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第25節大宮対磐田:

« イースタンリーグ ヤクルト対湘南(9/15) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(9/16) »